一浪の僕がセンター試験の失敗と成功を赤裸々に語ってみた

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうもShoheiです。

 

ちょうどこの前センター試験がありましたが、僕もちょっと当時のことを振り返ってみました。

 

 

 

浪人なので試験は2回経験したことがあるのですが、
結果は簡単に言うと1回目は最悪で2回目は最高でした。

 

「まぁ2回目の方が勉強してるのだから結果は良くて当たり前だろ」

と思うかもしれませんが、僕はもともと本番で結果を出すのが苦手でした。

 

 

 

 

だから1回目は実力を全然出し切れず苦い思いをしました。
本当に辛くて大変でした。才能ないなって何度も思いました。

 

しかし2回目は何と今までで1番良い成績を残したのです。
その時は努力が報われて有頂天になってましたね笑

 

 

 

「では僕は本番に強い人間ではなかったのにどうして変われたのか?」

 

答えを先に言うと、「自分のことを客観的に見ることができたから」です。

 

 

 

 

ちょっとピンとこないかもしれませんが

今日はこれについて僕のセンター試験を振り返りながら話していきます。

 

 

僕が高3の時の精神状態はどん底だった。

 

詳しくは現役慶應生しょーへいのプロフィールを見てもらえば分かりますが、
毎晩ストレスで金縛りにうなされて呼吸ができなくなり死にかけてた。

 

 

 

 

その時は受験に失敗したら人生終わりだぐらいに切羽詰まってたので、
心に余裕なんてなく常に何かに追い込まれてる気分だった。

 

今考えるとただただ気味が悪いですね。

 

辛くても親、友達、先生など誰にも相談せず、一人で抱え込んでたので
症状は良くなるはずもなく悪化するだけでした。

 

 

 

 

で、そんな状態で試験を受けると

→心に余裕がないから緊張しまくる。

→緊張するとミスが多発する。

→ミスが出るとパニックになる。

→パニックで集中力なくなる。

→実力なんて出せるわけない。

 

 

 

 

といった感じで僕のセンター試験デビュー戦は見事に撃沈しました。

 

 

で、それから1年後僕はまたセンター試験に臨んだ。

 

 

確かに1年前よりは勉強してちゃんと準備もした。

でも去年のトラウマもあったし僕は家を出る前からかなり緊張してた。

 

 

 

 

やばいやばいこのままじゃ去年と同じ流れじゃん。

 

と、思いながら家を出て駅に向う途中、
道に何か落ちてるのを発見した。

 

何だろ?と顔を近づけると鍵が落ちていた。
見た感じでは家の鍵っぽかった。

 

 

 

 

僕は試験前に余計なことをしたくなかったので、スルーした。
しかし10歩進んだところで不意にスルーした罪悪感が芽生える。

 

何か不親切でバチが当たりそうな気がしたので、
わざわざ戻って近くの交番に届けに行った。

 

 

 

そしたら交番の人にいろいろ聞かれた。

「どこで拾ったの?」とかはわかるけど

僕の名前だったり住所だったり電話番号なども細かく聞かれる。

 

さすがに時間がかかったので、交番の人に
「すいません、今日センター試験なんで行ってもいいですか?」

 

 

 

 

と言うと、
「おーごめんごめん、試験前なのに届けてくれるなんて落ち着いてるね」
と、言ってくれた。

 

この時の「落ちついてるね」の一言が僕に大きな力を与えてくれた。

 

 

 

 

それまでは緊張しててやばいなーと思ってたが、
その一言で自分は落ち着いてるんだと思えるようになったのだ。

 

例えば髪型を新しくしたり、

新しい服を買って似合ってるか最初は不安でも友達とかに「似合ってるよ!」と言われたら安心しますよね。

 

 

 

それと大体同じ感覚です。

 

たとえ試験が近づき緊張してもその「落ち着いてるね」の一言で冷静でいられた。

 

「確かに自分は今緊張してるかもしれない。でも今日の自分は落ち着いてるから大丈夫。自分ならできる。」

 

 

 

と、思えるようになった。

自分の今の状態を俯瞰で見れるくらいに心に余裕があった。

1年前とは大違いだ。

 

 

 

 

1年前にパニックになって大失敗したからこそ冷静になれたのもあると思う。
そのおかげで成功したのだから最高の失敗だ。

 

結果的に試験は順調に進み実力は出した手ごたえがあった。

試験が終わって答え合わせをすると驚くことに
10回以上模試を受けてきたのに本番が1番良い成績だった。

 

 

 

 

1年前まで本番にはめっぽう弱かった自分には考えられないことだった。

 

それも自分の状況を客観的に見て心に余裕ができたおかげだ。

 

 

最初の僕のように何をやってもうまくいかない時は、視野が狭くなります。

そうすると自分が何をやれば良いかわからなくなり、何もできなくなります。

 

 

 

 

そういう時は頭の中がいっぱいいっぱいになってしまって自分が何をやるべきか明確になってないんですよね。

 

ビジネスの作業をするにも、初心者だったらあれもこれも重要だと言われたら身動き取れなくなる。

まずはブログを作ろうとか
いやASPに登録しようとか
その前に不用品販売しようとか

 

 

 

 

いろいろ言われてしまったら混乱してしまう。

 

じゃあどうすればいいか?

 

僕は交番の人に落ち着いてるねと言われ冷静さを取り戻したが、
毎回鍵拾って交番に届けるわけにはいかない。

 

まずは悩んでることがあったら人に話してみる。

 

これは頭が整理されるから効果的な手段だ。

 

でも悩みがあるたびに人に相談するとなると話す人も限られるし、
タイミング的にもすぐ会ってくれるかわからない。

 

 

 

 

どうせならいつでもどこでも簡単に1人でできる方法がいい。

 

僕もこの方法をずっと探してた。

 

 

 

だってこれさえ分かればあれもこれもやらなきゃと悩んで結局何もやらない

という地獄のループから抜け出すことができて、

 

悩んでた時間も圧倒的に減って精神的なストレスもかなり軽減されますからね。

 

 

 

 

で、その方法は頭の中で考えてることを書き出すことです。

 

部屋とかがゴミとか荷物とかで汚く整理されてなかったら自然とストレスが溜まるように

脳の中のモヤモヤもちゃんと掃除して外に出してあげないと心に余裕がなくなります。

 

 

 

頭の中に書いてあることを書き出すことで、

自分が考えてることが可視化されて客観的に見ることができ脳内が整理されます。

 

ただこれは実際にやらないとわからないし、やってみたらかなり感動します。

 

僕もこれをやってから作業がはかどり時間が増えまくりました。

 

 

 

 

でも書き出すの最初はハードル感じる人多いとおもいます。

そういう人はノートと鉛筆を取り出してるのではないでしょうか?

 

 

 

 

それは僕でもめんどくさいです。
しかも大体そのノートはどこかに消えてしまいます。

 

僕はいつでもどこでも気軽にメモしたいので。Evernoteを使ってます。

Evernoteとはメモアプリのことです。

これを使うとスマホでもパソコンでもアクセスできるので便利ですよ!

 

 

 

 

Evernoteはメモツールとしてはかなり話したいことがあるのですが、別記事で書きますね。

 

一応動画は載せておくので気になった人は見てください。

 

これを使うと日々の悩みが解消されて、快適に過ごせるので是非使ってみてください!

何度も反復してみるのがオススメです。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました。

 

 

僕のブログの人気記事です。

評判の良かったオススメの人気記事をまとめてみました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<