パーキンソンの法則と生産性とタイムアタック

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

どうも、しょーへいです。

 

 

今日はですね、

これ知っておくと作業の生産性高まるなと思ったある法則を話そうかなと。

 

早速それは何なのかと言いますとですね、

パーキンソンの法則って聞いたことあります?

 

 

僕は名前こそ知らなかったですけど、

どんな内容か聞いたら誰でも当てはまってしまうようなものでした。

 

 

ウィキペディアでパーキンソンの法則を調べてみると

パーキンソンの法則とは

・仕事の量は完成のために与えられた時間を全て満たすまで膨張する

・支出の額は収入の額に達するまで膨張する

 

 

はい、相変わらずクソわかりにくいです。

こんなライティングしたらダメだなと如実にわかりますね。

 

 

で、つまり何が言いたいのかというと

人って時間もお金も与えられたら全部使い切っちゃうということです。

 

 

例えば超わかりやすい例があります。

夏休みの宿題なんかまさにそうです。

 

1ヶ月半もあるのになんだかんだ8月31日まで宿題が終わらなかったなんてあるあるすぎます。

自分だけに限らず周りの人も。

 

 

最初は余裕かましてるけど、お盆過ぎたあたりから焦り出して

夏休み最後の日までやばいやばい言いながら課題に取り組む。

本当よくある話です。

 

そしてお金に関してもよく貯金ができなくてお金が貯まらねぇわーって人は

この「あれば全部使い切っちゃう法則」が原因なわけです。

 

 

で、僕はこれを最初聞いてなんか気が楽になったんですよね。

なーんだこれって法則だったのかって。

 

 

僕は宿題とかやらなきゃいけないことがあるのに、

いつもギリギリになってしまうのが嫌だったんです。

 

あーなんで自分は怠け者なんだろ。

ちゃんとできる人が羨ましいわって。

 

でもよく考えたらこれ多くの人ができないわけでそこまで悲観的になる必要なかったわけです。

 

 

むしろこれを知った以上この法則を有効活用していけばいい。

そう思うようになりました。

 

 

例えばネットビジネスでなかなか作業が進まないときとかって

この法則が利用すればだいぶ生産性が高まります。

 

例えばいつもブログ書こう書こう思ってもなかなか書けないのは

特にやらなきゃいけない締め切りがないってのが大きい。

 

 

別にブログ書かなくても死にはしないです。

動画を撮らなくても死にはしないし、

キーワードのリサーチをしなくても命を落とすことはありません。

 

まぁなんで俺作業できないんだーっていう自己嫌悪はマックスですけどね。

 

じゃあその自己嫌悪発動しないためにはいかにして自分の作業の生産性高めるか

環境づくりをしてあげればいい。

 

 

環境づくりと言っても簡単です。

今回の場合は何かやらなきゃいけないことがあった時に時間制限をつける。

たったそれだけのことです。

 

それも結構厳し目にすると僕はだいぶ変わりましたね。

 

例えばいつもは1時間かかる作業を20分でやるように決めると

めちゃくちゃ頭の回転早くなって自分にビビりますよw

 

 

ぬぉー!!俺作業頑張ってるわー!

俺のポテンシャル最大限に引き出されてるぜ!!って感じですw

 

 

で、別に20分で終わらなくてもいいんです。

1番大事なのは自分がどこまでスピード早くできるか知ることです。

 

あえて無理難題を押し付けると思わぬ発見があるかもしれません。

きっと今まで相当時間の無駄があったことに驚くはずです。

 

でもそれで自分の基準が上がれば儲けもんです。

 

この当たり前の基準が変われば時間もどんどん増えてきます。

パッパッとタスクをこなしてくとそれだけでもモチベが上がるので言うことなしです。

 

 

こうやってタイムアタックをゲーム感覚でやるといつもより違う刺激があっていいし、

あとは時間感覚が鋭くなりますね。

 

今までは10分あったらぼーっとしてたかもしれないけど、

タイムアタックすることで10分あれば意外といろんなことができると知って

時間のロスが格段に減っていきます。

 

 

自分がどれほどのポテンシャルを持ってるか試してみる感じで

日々の作業にタイムアタック取り入れてみてください!

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<