どうも、しょーへいです。

 

 

いやー驚きました。

だって今日締め切りの行動経済学のレポートに今日気づくという失態。

 

出さなかったら普通に単位落とすやつだったので冷や汗かきましたよw

 

 

まだまだテスト期間まで全然時間あるから油断してましたね。

 

 

で、今日はレポート書きながら、いろいろ思うところがあったのでそれについて話していきます。

 

 

というわけで今日は行動経済学のレポートを書いていたんですけど、
正直最初は余裕だと思ってたんですよね。

 

実はこの授業は毎回出席があって、一応僕も授業には出てはいたんですよ。

 

それで僕はパソコンで作業しながら授業を小耳に挟んでいたんですけど、

内容もそこまで難しくは感じなかったんです。

 

行動経済学って基本的に実験が中心で、何を学ぶかというと
人間はこういう条件を与えられたときに、どう行動していくのかみたいなことですね。

いわゆる人間の行動心理について学んでいくですよ。

 

 

一応僕もビジネスをやってる上で人間の心理とかはたくさん勉強したので自信がありました。

 

ようはレポートなんて楽勝だろと思ってました。

はい、思ってました。

 

で、実際にやってみたところ。。。

 

全然出来ねぇよ。。。
まず単語がわからん。
サブゲーム完全均衡?
なんじゃそれ?

もうレポートやろうにもまずは日本語を解読するところから始まりましたね。

 

授業出てたけど、作業してたから何やってたかも全然思い出せない。

あーもう時間ないのに絶望絶望。

 

で、まぁこのとき思ったんですよ。

もし授業を動画配信してくれたらなんて助かるんだと。

 

だってそのほうが絶対いいじゃないですか!

後で何度も聞き返すことができるしいつでもどこでも復習できるって最高じゃないですか!

 

絶対こっちの方が成績上がると思うんですよねー

しかも生徒に限らず教授も絶対そのほうが楽です。
わざわざ大学に出向いて決められた時間を拘束されるのは両方とも嫌ですからね。

 

 

教授なんて一回動画撮ってしまえば、来年も再来年も使い回し出来ちゃうし。

もうレバレッジかけすぎでしょw

 

 

で、ちょっと調べてみたらなんか早稲田は授業をウェブで公開してるっぽいですね。

慶應も実はやってたりするのかなぁ。

 

 

世界的には大学に行かないで動画で授業とか課題やって卒業するみたいなのあると聞いてたけど、

日本でも少しずつそうなっていかないかなー

 

多分相当先の話だろうけど。

そんな急には変わらなそうだな、特に歴史ある大学は昔の価値観に縛られそう。

 

動画にすればみんなの時間が増えるし、

僕ももっとレポート早く終わらせられるし良いことばかりなんだけどなーw

 

 

だから最近は授業受ける度にもう頼むから動画で配ってくれよ、

その方が勉強するからさーテスト前だけ頑張るからさーと常日頃モヤモヤしてます。

 

 

あと大学に関してはまだ思うところがあります。

 

テストのときに資料を持ち込んでいいという教授だったんですが、

全部手書きじゃないと許さないという謎ルール。

 

しかもその理由が手で書いた方が覚えられるでしょ?と勝手に決めつけられた。

 

ふざけんなよといいたい。
勉強法ぐらい自分で決めるわ。
ってか書くの効率悪い。
むしろ勉強時間減って困るでしょ。

 

僕は受験生のとき周りは必死にいろいろ書いてたけど、僕はほとんど書かなかった。

 

僕は書くの面倒くさいから英単語とかも目で見てつぶやいて目閉じて思い出すってのをずっと繰り返し。

でも当時はみんな書いてたから書いた方が成績上がるんじゃないかと不安だった。

 

 

だけど僕は成績はそこまで悪くならなかった。

コスパで言えば相当良かったと思う。

 

 

書くことは目に見えて頑張った成果が現れるから自己満足度はあがるけど、成績が上がるかどうかは別。

書くことに集中するんじゃなくて、覚えて自分で活かせないと全く意味ない。

 

頑張ったかどうかは関係ない。

 

書くことが手段じゃなくて目的になってる人見るともったいないなと。

その根性をちゃんと正しいベクトルに注げばいいのになって。

 

 

だから書いた方が成績上がるとか教授に言われた時はため息しか出ませんでしたよ。

絶対に資料は手書きじゃなくて印刷してテスト受けた方が準備しやすくてテストの点数上がるのに。

 

 

なーんもわかってないし、わかろうとしてない。

 

というわけで今日はこんなこと思いながらレポート書いててウズウズしてましたw

 

 

ではでは今日はこの辺で。
ありがとうございました。


<オススメ記事>
逆算思考とネットビジネス〜アメリカは未来、日本は過去〜


【下記画像をクリックして、現役慶應生しょーへいがビジネスで生きていくと決めた理由をチェック!】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<