どうも、しょーへいです。

 

最近カタンというボードゲームにはまりました。

 

 

ルールはちょっと複雑で最初は苦戦したのですが、

2、3回プレイして慣れてくるとだんだん自分の思い通りに勝てるようになってむちゃくちゃ楽しいです。

 

 

で、今回はカタンをプレイするうちにカタンで勝つために戦略を練ることと、

ビジネスで稼ぐために戦略を練ることが全く同じだと気付いたのでシェアしたいと思います。

 

それでまずはカタンってどんなゲームなのかと言いますと、

簡単に言えば、土地をどんどん開拓していきながら自分の陣地を拡大していくゲームです。

 

 

画像があったほうがイメージしやすいので、どんなフィールドか載せておきますね。

 

katan

 

で、この画像を見ると数字の書いてある六角形のパネルがたくさん置かれてるのがわかります。

そして色も5色に分かれてます。

 

これは何なのかというと、土地を開拓するために必要な資源を表してます。

 

 

一応それぞれがどんな資源なのか説明しておきますと

茶色は土、黄緑は羊、黄色は麦、緑色は木、灰色は鉄です。

 

例えば木と土があればプレイヤーは道を作れたりしますし、

土と麦と木と羊があれば開拓地という新たな拠点を作れます。

 

 

そしてパネルの上にある数字は何を表してるのかというと、2つのサイコロの目を足したものです。

このカタンというゲームでは自分の番が回ってくるごとに2つサイコロを振ります。

 

で、もし仮に11という数字が出たとします。

そしたら自分の所有してる土地の中に11という数字がある人は資源を獲得できます。

 

 

 

上の画像で言うなら真ん中の麦のパネルに11がありますね。

そこに赤い家みたいなのが2つあるので、このプレイヤーは麦を2つもらうことができます。

 

他にもカタンはプレイヤー同士で資源を交換する交渉ができます。

 

例えば「僕は麦あげるから、誰か土をください。」と言って、

誰かが「いいですよ。」と了解すれば交渉成立で資源の交換ができます。

 

 

 

僕は何度もプレイしたのでわかるのですが、

すべての資源がバランス良く手に入ることはなかなかありません。

 

特にゲームの序盤は誰もまだ開拓が進んでないので、

いかにうまく交渉を進めて自分が欲しい資源を集めるかもこのゲームの肝です。

 

 

 

ただ僕がこのゲームで1番重要だと感じビジネスと通じるものがあるなと思ったところは他にあります。

 

 

このゲームで、まず最初にプレイヤーは開拓地という自分の拠点を2つ自由に置くことができます。

それでこの最初の2つの拠点をどこに配置するかがめっちゃ重要なんです。

 

 

今までも色々とルールを話してきましたが、

このゲームは自分の陣地を拡大していくのにいかに効率良く資源を集められるかが超重要です。

 

 

そのためにはまず始めにこのフィールドをどのように開拓していくかリサーチしなければなりません。

 

僕はこのリサーチを最初は軽視していたがために最初は負けまくりましたが、

リサーチの精度を上げてからは勝率がどんどん上がっていきました。

 

今では僕はカタンをプレイする時に1番考える時間を使ってるのは、

この最初に自分の2つの陣地をどこに置くかです。

 

 

具体的に何に気をつけるのかというと、

例えばパネルの数字です。

 

サイコロの数字は1から12まで全て均等に出るわけではありません。

ちなみに2が出る確率は36分の1ですが、6が出る確率は36分の5です。

 

 

 

単純計算で資源がもらえる確率が5倍も違うわけです。

僕の感覚では2とかは1回出たらいい方で滅多に出ません。

 

 

つまりはそこからは資源がもらえないものだと考えます。

だから最初の拠点は6や8など資源がもらいやすいところを狙います。

 

 

しかし当然ながらそんなうってつけの場所は他のプレイヤーも参入してきます。

 

 

そうすると自分が欲しい場所が他のプレイヤーに取られてしまったり、

あとはライバルが多いところに拠点を置くと、拡大していく時に相手から妨害を受けやすくなります。

 

 

だからライバルの多い場所を避けつつ、ちゃんと資源を獲得しながら

自分の陣地を拡大できる場所をゲームのはじめの段階で見極めて戦略を立てます。

 

 

それで僕は最初は戦略とか全く組むことができなかったので、

心の思うままに闇雲に勘だけを頼って開拓してました。

 

すると資源が全く集めることができなくなったり、

ライバルよりも無駄が多くて先に開拓されてしまったり良いことなしでした。

 

 

 

だから僕はどのようにしてゲームに勝つか最初から最後まで明確に戦略を組むようになりました。

今思えば僕はこれをやるだけでカタンの上達がめっちゃ早くなりました。

 

戦略を組むことで何がいいのかというとゲーム中に迷うことが圧倒的に少なくなるのです。

 

 

戦略を組むことができるようになるとゲームのはじめの段階で僕の頭の中には、

このフィールドをどう攻略していくかという全体像があります。

 

この全体像があることで僕は1回1回次に自分は何をすべきか迷わないで、

すぐに効果的にライバルにダメージを与える次の一手を決めることができます。

 

 

ただもちろん毎回戦略通りにはゲームは進みません。

 

でも全体像があることによって、もし戦略通りにいかなくても

早い段階で自分が不利にならないように修正できます。

 

だからこれができるようになってからは勝率も上がって、

戦略を考えるのもほとんど最初だけなので本当に楽で楽で仕方がなかったです。

 

 

あとは自分の思い通りにライバルを打ち負かして、

全て戦略通りにゲームに勝った時の快感たるやマジでハンパないです。

 

 

で、僕がそんな快感に浸ってる時にふと思ったのが、

僕がカタンでやってることはビジネスでやってることと全く同じじゃんということです。

 

 

 

例えば何か商品を売るためにサイトを作っていくとして、

まず僕が間違いなくやるのがリサーチです。

 

具体的にどのようなことをリサーチするのかというと、

正直カタンでやってることとあまり変わりません。

 

 

例えばどの商品が売れてるのか?とか

ライバルは強い市場なのか?とか

お客さんはどんなことに悩んでいるのか?などです。

 

 

これを先にリサーチしまくることでサイトを作っていく上での全体像が出来上がり、

自分が何をすべきか迷うことがほぼなくなります。

 

 

もちろん作業を進めながら多少は試行錯誤して微調整はしますが、

基本的には1度戦略の全体像が決まってしまえば、あとはコンテンツを置いていくだけです。

 

 

 

パズルで例えるならば完成図を見ながら自分の手元にあるピースを当てはめていくだけです。

ここでいうピースとは記事などのコンテンツのことです。

 

 

しかもこのコンテンツは別に全て自分で作る必要はありません。

外注化すれば自分が何もしなくてもちょっと指示するだけでコンテンツがたまっていきます。

 

 

外注化なんてハードル高いと思われがちですがやってみると、

簡単ですしコストもかからないです。

 

むしろ自分で全てやってしまうことの方が時間が恐ろしくかかり、

コスパが悪くなるケースが多いです。

 

ちなみに外注化に関してはこちらの記事で詳しく書いてますのでよかったらご覧ください。

 

というわけで今回は、

ビジネスもカタンもまず始めにやるべきことは変わらないという話をしてきました。

 

どちらもまず始めに戦略の全体像を練ることからスタートすることが重要で、

そしてそのためにはリサーチが絶対だということでした。

 

ありがとうございました。

 

 

追伸

 

ちなみに今日話したカタンのルールはあくまで概要なので全体の3割ぐらいです。

全部文章で書くととんでもない量になるし、細かいルールは本題ではないので省きました。

 

もしもっと詳しく知りたい方は実際にやってみることをオススメします。

最初は難しく感じますが、やっていくうちにすぐ慣れるし本当に楽しいです。

 

 

自分の思い通りにゲームが進んでいくとワクワクするし、

戦略通りに勝つと、とてつもない高揚感に包まれます。

 

この快感は当分病みつきになりそうです。

 

僕がやってるカタンのアプリは有料ですが、サクサク遊べるので是非お試しを!

Catan - カタン
  • Catan - カタン Screenshot
  • Catan - カタン Screenshot
  • Catan - カタン Screenshot
  • Catan - カタン Screenshot
  • Catan - カタン Screenshot


<オススメ記事>
逆算思考とネットビジネス〜アメリカは未来、日本は過去〜


【下記画像をクリックして、現役慶應生しょーへいがビジネスで生きていくと決めた理由をチェック!】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<