予約がとれないしゃぶしゃぶのお店に予約するとき思わぬビジネス思考力を発揮した話

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、しょーへいです。

 

先日めっちゃ美味しいしゃぶしゃぶを食いにいってきました。

 

 

 

 

 

肉がどーん!!と盛られてて、

かなり食欲そそられますよね。

 

ちなみにこれ食べ放題で、

頼めば頼むほど店の奥から無限に出てきます。

 

腹がはちきれるくらいにたっぷりと食ってやりましたよ笑

 

 

とにかくこの肉食べやすいんです。

柔らかいし口の中に入れた瞬間サッととろけるし。

 

いやー至福のときでした。

また行きたいです。

 

 

ただこの店は残念ながら何度も

簡単にリピートできないんです。

 

今日あの店行きたいからふらっと寄ろうみたいな

テンションでは絶対店の中にははいれません。

 

 

だってこの店予約2ヶ月待ちとか平気でします。

 

 

とにかくこの店は知る人ぞ知る人気店で

毎日が大盛況なので予約取るのが困難なんです。

 

 

 

僕が予約取った時も最短で1ヶ月半先の

予約しか取れないと言われました。

 

 

まじか。

1ヶ月半とか先に店の予約したの初めてだわ。

どんだけ人気なんだよ。

 

 

こんなに待たされるのちょっと辛いなとぼやきつつ、

そこまで人気なら美味いに決まってるだろと期待感も

うなぎ上りになりました。

 

 

というかそもそもこのお店予約するのに

電話がなかなか繋がらないんですよ。

 

 

きっと予約が殺到しすぎてるんでしょうね。

ほんとこの店に僕は大苦戦しました。

 

 

そもそも僕がこの店を予約するきっかけは

とにかくこの店美味いんだけど予約取れないから

何度も電話アタックしてくれーと

普段お世話になってる方々に頼まれたからです。

 

 

実際僕もその店を食べログで確認して、

めっちゃ食いてーな、この肉たち!となったので、

僕におまかせください!と意気込んで

とにかく根性で予約を勝ち取ろうとしました。

 

 

ただ電話が繋がらない。

何度かけても耳元に響くのは

トゥルルルル、トゥルルルルというダイヤル音。

 

 

一向に相手が出る気配が全くないのです。

 

全くこの時は何度店の電話番号を確認したことか。

ただ何度確認しても自分がこの店に電話かけてるのは間違いない。

 

 

店と連絡取れないとか生まれて初ですよ。

どんだけ忙しいんだよと思いながら

電話アタックし続けると、

ついに相手からダイヤル音以外の音声が聞こえました。

 

 

心の中でよっしゃきた!!と思った僕は、

もしもし!と声を張り上げたのですが喜んだのも束の間。

 

聞こえてきたのは女性の声だけど生身の人間ではありませんでした。

 

 

「お電話ありがとうございます。

予約の受付は13時から15時の間です。よろしくお願いします。」

 

 

お店の自動音声にもしもし!と思いっきり叫んだ自分は

当然恥ずかしくなりました笑

 

 

せっかくでたと思ったらこの有様かよぉとは思いつつ、

とりあえずその時は夕方5時くらいで時間過ぎてたので、

仕方なく明日また電話アタックするかと

気をとり直すことにしました。

 

 

次の日13時50分。

僕はふと予約のことを思い出し

昨日の何度もかけた番号をそのままリダイヤルしました。

 

 

ダイヤル音が何回か鳴り響いて、ブチっという音がして、

よっしゃ!今度こそ連絡取れるぞと思ったのもまたもや束の間。

 

「お電話ありがとうございます。

予約の受付は13時から15時の間です。よろしくお願いします。」

 

 

まさかの自動音声アゲイン笑

そして今まさにその予約時間なんですけどぉぉぉぉぉ

という激しいツッコミが止まらない心境。

 

 

もはや打つ術がなくなりました。

何度かけても自動音声が脳内エンドレスリピートされます。

 

心がだいぶ折れてはいたのですが、

諦めるわけにはいきません。

 

 

なんとしてでもこの美味そうな肉を喰らいたい。

食べ放題で胃のキャパがある限り肉を突っ込みたいんだ。

僕の執念の原動力はこれだけです。

 

 

だから必死に考えました。

俺は今までビジネスで何を学んできたんだ。

今こそその力を発揮すべき時ではないか!

 

 

ビジネスでうまくいかない時には

どうしてうまくいかないのか?と仮説を立てます。

 

 

これが鉄則です。

絶対に欠かせない原理原則の1つです。

 

今回ならどうして予約時間のはずなのに何回も自動音声が流れるのか?

ですね。

 

 

僕はどうして?とか何故?とかとにかく頭をこねくり回します。

店の人になりきっていつだったら予約受付してくれるか必死に考えました。

 

 

 

で、僕が考えに考え抜いてたどり着いた結論は

大まかにいうとこんな感じです。

 

 

13時から予約始まるけどきっと13時50分の段階で

もう電話が鳴り過ぎてその日の予約受付を終了させたのかなぁと。

 

 

そこで僕はとある奇襲策を思いつきます。

 

これは僕の中では

日本の真珠湾攻撃を彷彿とさせるくらいの奇襲です。(←無駄に大げさ)

 

 

僕が何を思いついたかというと

だったら12時50分くらいに電話アタックして

フライングしてやろうという作戦です。

 

 

もちろんこれといって勝算があるわけでもないし、

ただの失敗に終わったらまた振り出しに戻ります。

 

 

でも1つだけ言えるのはやってみなきゃわからないということ。

別にこれでダメだったらまた他の方法を考えるだけだし。

 

 

まぁここら辺の開き直りはビジネスやってから鍛えられました笑

 

 

要はとりあえずやってみろよ。

ただこれだけです。

 

 

で、フライング奇襲作戦当日。

僕は朝起きた時から何故かそわそわしてました。

ただ電話をかけるだけなんですけどね笑

 

 

僕は12時50分が来るのをひたすら待ちました。

けどなんだかわからないけど緊張に耐えきれず、

12時45分にリダイヤルしてしまいました。

 

 

電話は繋がるのか?また自動音声か?

正直ダメ元だったので期待はしていません。

でもやっぱり繋がって欲しいので緊張感があります。

 

 

そこでブチっと相手の出る音がした。

「もしもし〇〇(店の名前)です。どういったご用件でしょうか?」

なんと電話口から聞こえてきたのは紛れもなく生身のおじさんの声でした。

 

 

僕はてっきりまた女性の自動音声かと思ってたので、

低いおじさん声が聞こえた時は腰抜かしそうになりました笑

 

結局僕の奇襲作戦は功を奏しました。

1ヶ月半先になりましたが予約することに成功したのです。

 

予約取り終えたらすぐに

予約取れましたー!!!!!!くらいの勢いで報告しました。

 

 

予約取れただけでこんなに生き生きと報告したのは

これまでもこれから先もそうないでしょう笑

 

ただそのくらい嬉しかったし、

なんなら家のリビングで発狂してます。

 

 

そして1ヶ月半後は何人かで

お店に行って肉をたらふく食いました。

 

 

一緒に行った人からは

こんな美味しい店予約してくれてありがとうと

すごく感謝されました。

 

奇襲が成功して本当に良かったです。

 

 

昔の僕だったらとっくに諦めてたでしょうね。

電話でないわ。無理だわ。

こんな感じでチャンス取りこぼしまくってたと思います。

 

今回で学んだのは

何事もやってみなきゃわからないということもそうなのですが、

ただ闇雲にやっても意味はないです。

 

 

なんで今自分はこういう結果を招いているんだ?

ということを分析して、そこから仮説を立て実践する。

 

こういう繰り返しをビジネスしていく上で

無意識にやっていたことが僕に味方してくれました。

 

 

今回の話は小さな話かもしれないですが、

僕にとっては予約が成功したことで美味しいものが食べられたし

普段お世話になってる人たちに満足してもらえたことが大きいです。

 

 

この一件が終わってからは他にも美味しい店

紹介してもらったり連れてってもらったりしましたし、

おかげさまで舌がすごく肥えました笑

 

あとはまたこのお店行くときに僕を誘ってくれたりもします。

予約を任せるとしたらこいつだ!みたいな感じです。

 

 

美味しい店たくさん知ってるとメリット結構ありますよ。

何かいい店ないか探してるときに美味い店オファーできると地味に強いです。

 

 

例えば人にずっと覚えてもらえますね。

美味しい寿司を紹介したら、

寿司を食べてるとき、食べたいとき、

何か食べてるとき、美味しいもの食べたいときは

頭の中で寿司を紹介した僕のイメージが僕がいない時も脳内で想起されます。

 

 

何気ない日常でも相手の心を奪うってわけです。

これはビジネスでも恋愛でもどう考えても最強ですよ。

 

ここら辺に関してはこっちでも話してます。
ガリバーとショッピングモールと奪うこと

 

というわけでちょっと話が最後それましたが、

今日言いたいことはこれです。

 

 

・なんで今自分はこういう結果を招いているんだ?

ということを分析して、そこから仮説を立て実践することを何度も繰り返す。

 

・とにかくやってみなきゃわからない

 

 

あと美味しい店教えていただけると個人的にはすこぶる喜びます笑

 

僕もネットで調べることは多いのですが、

リアルの口コミにかなうものはないので

ぜひお待ちしてます!

 

 

追伸

 

今回はライバル増やしたくないので

店の名前は伏せました笑

 

でも仲良くなったら一緒に行きましょう!

ではでは笑

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<