どうもShoheiです。

 

先日から動画10本とることを宣言してやっと3日が過ぎて、

それなりに大変なノルマではあるのですが、

 

 

意外とやってみると出来ちゃったりします。

 

 

なんでいきなり動画10本とってるかというと

こんなことがあったんですよ。

 

それはちょうどあるコミュニティの懇親会があるときでした。

さあさあいろいろしゃべろうとおもってたのですが

 

 

 

全く言葉が出てこない。

 

 

うーん困ったものだ。

 

 

 

 

 

なかなか瞬発力がないというか、話を膨らませたりする頭の回転の早さが全然ダメだなと。

でも主催者さんたちは常に止まらず、マシンガントーク。

 

 

 

常に質の高い情報をアウトプットしてるのを見て、ただただすごいなと思うばかりだった。

 

 

でもそれと同時に自分こそそうならなければならないと強く危機感を覚えた。

すげーと蚊帳の外から言っている場合じゃない。

 

 

 

じゃあ喋れるようになるためには何をすればいいかと考えたとき、

自分にはアウトプットが全く足りてなかったので、動画を量産しようと決心したのだ。

 

 

でもただ決心しただけじゃ僕は10本もとれなかった。

 

 

実は僕も前に自分にはアウトプットが足りないと痛感していた時があって、

毎日動画1本とろうとやっていた時があったのだ。

 

 

しかしそんなに長くは続かなかった。

 

 

でも続かなくても別に誰に怒られるわけでもなく、何か大切なものを失うわけでもなく、

失敗しても何の痛みもなかった。

 

 

だから簡単にやめられることが残念ながら出来てしまったのだ。

 

 

でも今回は違う。絶対に続けなければならない理由が出来たのだ。

 

 

 

僕はビジネス仲間のいるスカイプのチームで宣言をしたのだ。

動画10本とれなかったらみなさんに馬刺しおごります!!と。

 

 

宣言することと馬刺しをおごることはどちらが欠けても意味ない。

 

 

もし宣言するだけだったら、失敗しても何の痛みもないし、

宣言しないで、失敗したらみんなにおごろうと心の中で思うだけとか何のプレッシャーにもならない。

 

 

僕は何としても動画10本とらないといけない環境に身を置いたのだ。

 

 

最初は動画10本とるとか異次元にきついだろーとか思っていたんですよ。

 

 

僕はWindowsを使っていて動画を撮るのにかなりハードルが高いから、

1本撮ることすらもともとしんどかった。

 

 

 

あとは動画を撮ってもいまいち上手く喋れなくて、

やり直したりして結局撮るのをやめてしまうなんてことも日常茶飯事だった。

 

 

 

でもいざこういった環境に身を置くと、何が何でもやらなければと僕は奮起したのだ。

 

 

まずWindowsだから動画とるのかったるいとか言ってる場合じゃない。

そんなことで壁を感じてたら動画10本なんて終わらない。

 

 

毎日馬刺しをおごる羽目になる。

 

 

あとは動画をやり直すのもやめた。

 

 

どんなに下手くそでも、どんなにつっかかっても、どんなに自分が何言ってるかわからなくなっても

絶対にそのまま動画を配信する。

 

 

じゃないと10本なんて終わらないんですよ。

 

 

そしたらもう動画のネタが思い付いたらすぐに撮る、

またすぐに撮るのを繰り返すとすごいスピード感で作業ができるようになったんですね。

 

 

今まで動画をとるなんて腰が重くて全くやってこなかったのに。

 

 

でももう今では動画1本なんか呼吸するかのように簡単に壁を感じず、撮ることができる。

僕がたった3日で見違えるように変わったのは完璧主義を脱却しないといけない環境に置かれたからだ。

 

 

昔の自分は上手く喋れない完璧ではない自分に嫌気がさして、何も行動出来なくなってしまったんですよ。

 

 

僕の師匠が言っていました。

 

完璧に程遠いやつが完璧にしようとしてる姿は滑稽でしかないと。

 

 

まさに昔の自分でその通りだなと。

 

 

 

 

縄跳びで二重跳びすら跳べないような人が四重跳びを跳ぼうとしてたら、お前何やってんだよとなりますよね。

 

 

でも今回求められたのは完璧にやることじゃない。動画を10本とることなのだ。

質なんか今はどうでもいい。まず走り出さなきゃ何も始まらないだろう。

 

 

 

そう思った結果、僕は動画をとることに対してのハードルがかなり下がった。

 

これは圧倒的成長だ。

 

 

みなさんも昔の僕と同じように何か行動出来ない自分に嫌気がさしてるようなら

まず完璧主義は滑稽だということを自覚しましょう。

 

 

 

そして誰かに自分の目標を宣言し、失敗したらペナルティをつけると効果は絶大です。

必ず行動するようになると、僕がこの身をもって証明したのですから。

 

 

今日はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

 

僕のブログの人気記事です。よかったらどうぞ。

評判の良かったオススメの人気記事をまとめてみました

 


<オススメ記事>
逆算思考とネットビジネス〜アメリカは未来、日本は過去〜


【下記画像をクリックして、現役慶應生しょーへいがビジネスで生きていくと決めた理由をチェック!】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<