褒め言葉は嘘ばっかり。真に受けていいこと一切なし。

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

【褒め言葉は嘘ばっかり】

これ肝に銘じるだけで年収が数千万は変わるとマジで思う。
褒められていいことなんて実はほとんどない。もちろん褒められるのは嬉しいが、それ以上でも以下でもない。
褒め言葉はあくまで褒める側が自分の印象を上げて気に入られようとするためだけのものにすぎない

僕は自分を叱ってくれる人を離れ、褒めてくれる人と仕事しようとした時大失敗した。
自分の人生の中でも滅多にないくらい後悔してる。甘えでしかなかった。
褒め言葉に釣られて苦から逃れようとしたツケが罰当たりした。

なぜか?
褒める人は相手が喜ぶことをやってるように見えて、実は自分のメリットにしか興味がない。相手の印象をコントロールすることが実はメイン。
逆に叱る人は本当に相手の成長を願っていたり、自分が悪役になってでも相手のことを考えてくれる貴重な人。こういう人を離しては本当にいけなかった

関わる人間次第で人生は大きく変わる。
僕は褒める人こそ関わるべきだと誤った判断して、時間を棒に振ったことがある。本当に信頼すべきは、全く褒めないような人が自分を信じて難しい役割を与えた時。これは間違いなく期待大の証だった。

褒めてくる人こそ警戒、というか相手に褒めるメリットがあるから褒めてるに過ぎないと認識した方がいい。特に仕事関係。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です