寝たら終わりだということで、深夜4時からデニーズで思いのまま書きなぐりました

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、しょーへいです。

 

 

 

えー今はおおよそ早朝の4時です。

 

こんな時間なのにデニーズで記事を書いてるところです。

 

こんなに朝早い時間から書くのは初めてですね。

 

 

 

とは言っても僕はまだ寝てないで徹夜で書いてるので

今はまだ大丈夫ですがこのブログが書き終える頃には

心身ともに死んでるかもしれませんね。

 

 

 

ではでは何で深夜の2時から自宅を飛び出して4時になっても

記事を書いてるのかと言いますと

 

 

さっきまで僕の師匠とスカイプを3時間ぐらいしてたんですよ。

 

 

ちなみに僕の師匠はとにかくすごい人というか普通の人から見たら

圧倒的に異次元な人でそれはこのブログでもメルマガでも話すことが多くなると思います。

 

師匠がどんな人か簡単に言うと

大学生で何も働かなくても月収500万安定して稼いでるんです

 

 

怪しい匂いがプンプンしますが全くの事実です。

 

 

こういう不労所得の仕組みってどうやって作るねん!っていう話は

メルマガを中心に話すとして

 

 

何でこの時間に寝落ちしそうになりながら必死に記事書いてるのかというと

こんなことがあったからなんです。

 

 

 

僕はつい先ほど、師匠が動画撮ってる姿をスカイプ越しに聞いてたわけです。

 

 

あ、ちなみに言い忘れてましたが、

僕の師匠は通話しててもいきなり動画を撮り始めます。

 

 

しかもアドリブです。即興で作ります。

そして全てレベルが高いです。マックスです。

 

 

だから僕も動画を真似して繰り返すといったことをして日々学んでます。

僕が下痢で死にかけた時と同じ手法です。

音声学習の効果がバツグンすぎるし、高熱と下痢が続く地獄でも簡単に出来る

 

 

この記事でも話してるように音声学習ってすごいハードルが低いんですよ。

 

ちょっとやる気出ないなって時はとりあえず音声流して

それを自分でも復唱するってのがオススメでやってるうちにやる気が復活したりしますよ。

 

 

で、脱線したので話を戻すと、

その師匠がどんな動画を撮ってたかというと

寝たらモチベ下がるし、全て忘れて無になるといったことを言ってたんですね。

 

 

これはまさにそうだなと非常に心に刺さりました。

 

なんかやる気が出ないなって時は一旦寝て体力回復してからやろう!と

強く意気込むのですがあまりいい結果を出したことはありません。

 

 

朝になってしまい萎えてさらにやる気をなくすパターン。

結局二度寝して自分の不甲斐なさに苛立ちを隠せないパターン。

 

まぁとにかくね寝てもいいことはないわけです。

それは全て体力回復ではなく現実逃避だからです。

ただただ逃げてるだけなんです。

 

 

だから僕も今は必死に眠い目をこすりながらブログ書いてるわけです。

せっかく通話していい感じにモチベが高くなったり

学んだことを忘れたくなかったりするときに寝たら一巻の終わりです。

 

 

やる気なんてやってるうちに出てくるものであって

そのためには自分がいかなる時でも作業始められる仕組みが必要なわけで

それが先ほど話した音声学習なわけです。

 

 

これが1番楽ですね。

動画流してるだけでやる気が出るわけですから。

 

 

あと人間て暇なときによく眠ってしまうんです。

というか何もやりたくなくなる現象が頻繁に起こってマジで死ぬ

 

 

 

僕も最近だとテスト期間で忙しい時は

あまりにもつまらなすぎるし不毛すぎて

何かちゃんと生産性の高いことやりたいなーと

モチベが自然と湧いてくるわけです。

 

 

しかし春休みに入り時間が圧倒的にできてしまうと

人間なぜかだれてしまうんですよ。

時間があるから、時間感覚が悪くなるんですよ。

 

 

時間感覚とは1分でもいいから何かやる。

5分あったら音声聞くとか短い時間でも意識して

勉強したり作業したり時間を細切れにして常に今を生きる感覚ですね。

 

 

それが春休みのように時間が有り余ってしまうと

人って逆に動かなくなったりして完全にだらけたダメ人間が出来上がるんです。

 

 

僕はモチベが下がった時にはとにかく外に出て行って

気分転換を積極的にしていったりすればなんとかなるとわかってるので

大丈夫なのですが、

 

 

自分がダメになった時にどうすれば復活できるか自分の中で

ルール化がしっかりされてないと一生ダメ人間のままくたばります。

これも自分がしっかり常にパフォーマンスを落とさないようにする仕組みが必要なわけです。

 

 

別に僕は寝ないことをめちゃくちゃ勧めてるわけではなく、

というか寝ないとか流石に僕も普通に死にますよw

 

 

ちょっと眠くなった時というか軽く寝ようかなって思った時に

お前はそんな気持ちで今日を終わらせていいのか?と問うんです。

 

 

本当に限界まで頑張って作業して眠いんだったら眠って良しですが、

大体の人がそんなストイックにやってるわけではありません。

 

 

ちょっと眠くなった時にこそ音声を流して復唱してみたりするんです。

するとあれよあれよと目を覚ましてきて意外とちょっと頑張れたりするんです。

 

 

そしてこれを僕は今すごく実感してます。

すごく眠かったのにこのブログを書き始めてからめっちゃ眠かったのに

いざ書いてみると2000字書けちゃったんです。

 

 

これは驚きです。驚きでしかないです。

 

 

ぶっちゃけ何回か気を失いかけてるので誤字もあるだろうし

文章も支離滅裂かもしれない。。。。

もう5時になっちゃったよ。夜が明けちゃうよ。。。。

 

 

 

でも今日師匠に言われたことをやってみて確実に自分は成長したんです。

だってわざわざ深夜の2時から自宅を飛び出してデニーズにやってきたわけです。

家にいたら確実に寝落ちしてこのブログは書けませんでした。

 

 

だから僕は今度から眠くなってもなんとかしてギリギリまで粘って

力が尽きるまで頑張るようにします。

 

 

僕の師匠もですね夜遅くまで作業してることがたくさんあるんですよ。

深夜4時とかにメルマガ書いてたりとか

やっぱそういったところから学ばないとあかんのですよ。

 

 

単純に言われたからやるのではなく、そう言ったプロ意識というか

姿勢を間近で見て自分にも取り入れる。

そうやったほうが圧倒的に自分の成長は早いのだから。

 

 

あー眠い。辛い。結構しんどくなってきたな。

今はなんだかんだで5時23分になってしまいました。

 

 

途中で軽く気を失ったのがタイムロスでしたね。

とか言いながらもうそろそろ2500字に言ってるわけで

 

 

今日は思ったことをただ書き連ねてるからむちゃくちゃで

きっと僕がこの後寝て起きて自分の文章見たらおそらくドン引きするのだろうけど

それはそれでアリかな。

 

 

なんか自分が頑張った後が見れるのはテンション上がるし今後のモチベが上がりそう。

 

 

こうやって自分に戒めの気持ちを込めてブログであったり動画にして

コンテンツにするのはこれからマストにしたほうがいいなー

 

 

自分ができてないことがあったらそんな自分をとにかくdisる

とにかく自分をディスってディスってdisりまくる

 

 

なんでdisるの変換がバラバラになるのかわからないけど、

もうそんなの気にするほど余裕ない。

 

 

そうやって自分がやってはいけない選択肢を削っていく。

今回だったら寝ること。

 

他にもやる気を削ぐ選択肢は

食べることとかかな。

 

 

食べ過ぎると消化酵素にエネルギー持ってかれて

作業に集中できなくなるんですよね。

 

 

だから僕は基本は1日2食とか1食でもいけますね。

その方が集中できて日々のコスパが良くなるから。

 

 

常識とか関係ない。誰がなんと言おうが

1日3食が健康とか言われようが

自分がいいと思ったものを取り入れる。

 

 

その方が絶対にいい。

そんな人の言うことに流されてたらネットビジネスなんてやらないわw

 

 

まぁ今日はブログ書いたというか書きなぐった感覚で

これがどう言った印象を受けるのかは

ちょっと寝てさっぱりした僕の目線からまた判断しようかなと思います。

 

 

気づいたら3000字超えてたね。やればできるわ。

自信ついたわ。プライスレスの自信ついたから儲けもんだわ。

 

 

やっぱ思い切ってやってみてよかった。

シンプルに師匠の言うことを聞いてちょっと限界目指して頑張ってみました。

 

 

ちょっと失神寸前でやばい瞬間もあったけど、

今は意外と平然とブログかけてる気がする。

 

 

でももういいかな。今日はこの辺で。

言いたいことは言えたきがする。

 

とにかく気軽に寝たらおしまい。

ちょっと立ち止まって寝る前にやるべきことがないか考えてみる。

 

 

これだけでも人生変わるわと確信した5時39分のデニーズからでした。

 

ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<