納豆が苦手な僕が見事に克服したら人生のコスパが上がった話

どうもしょーへいです。

 

 

今日はですねー
ちょっと新しいことに挑戦してみました。

 

 

それは。。。
納豆をアレンジして自分で料理することです。

 

 

僕は実家暮らしというのもあって
普段は全く料理をしないのですが
今回は久しぶりに腕をふるってつくってみました。

 

 

 

と言っても内容的には超簡単なんですけどねw
じゃあなんで僕が納豆をアレンジすることになったのか
まずはそこから話していきましょう。

 

 

まず最初に断言します。

僕は納豆が大嫌いだ。

大事なことだからもう一度言います。

僕は納豆が大嫌いだ。

 

 

 

とにかく嫌いなんですよねー。

 

 

 

あのネバネバしててまとわりつく感じ。
手につくとすごい厄介じゃないですか。
ベターベターって感じで

 

 

僕そういうのすぐ萎えるんですよね。
あとはあれだ。臭いです。
あの独特の臭みなんなんですかね。
もう嫌がらせとしか思えないです。

 

 

 

とにかくあの臭いは僕を不快にさせます。

 

 

 

だから旅館とかで朝に納豆出てくると
いくら旅行気分で楽しくても
一気に気分がダダ下がりです。

もう急降下です。

 

 

僕は好き嫌いほとんどないんですけどね。
小さい頃からピーマンとかししとうとか
美味しそうにバクバク食ってたし。

 

 

 

とりあえず食べ物とかは残すのもったいないから
味とか気にせずとにかくお腹にぶち込んでたのかもしれませんね。

 

 

 

そんな僕が唯一小さい頃から食えないのが納豆。
最初食べた時すべてリバースしたのは
昔の記憶にしては割と鮮明です。

 

 

 

で、で、で、話を戻して
なんでじゃあそんな奴が納豆食うことになったのかというと
単純に健康にいいからなんです。

 

と言いますのも僕はちょっと特殊な病気にかかってて
なかなか治らないので食事療法を心がけているんです。

 

 

 

具体的に言うとご飯、パン、麺類を抜いたり
朝食を抜いて1日2食にしたり
アルコールなどは完全に断絶したり
食にかなり気を使うようになったんです。

 

 

 

 

ただこういうことをやっていると
何が起こるのかと言いますと

食べるものがなくなっていくんですよね。

これは非常に命の危険がありますw

 

 

 

まぁなんだかんだ言って食べなくても大丈夫ですけどね。
でも食べるバリエーションが少ないと
やっぱ飽きるんですよ。

 

 

味だったり見た目が。
食べててつまらないんですよ。

 

 

だって毎日同じメニューとか耐えられないですよね?

好きなものだったらいけるかもしれないけど。
例えば毎日同じ具の味噌汁とかちょっときついですよね。

 
だから常に新しいかつ健康的なメニューを開発したいと
考えていたんですよね。

 

 

 

で、いろいろググったりしてクックパッドとかぼんやり眺めていたのですが
やはり健康的な食材となると
納豆がかなりの頻度で登場してくるんですよ。

 

 

それを見て思ったんです。

 

 

これを機に納豆を克服しようと。
納豆さえ克服してしまえば
僕の辞書に嫌いな食べ物なんてものは無くなる。

 

僕はとりあえずやってみることにした。

 

こういう風にとりあえずやってみようっていうマインドは
本当ビジネスやってるおかげだなとつくづく感じる。

 

 
昔の僕だったら臭いからやだーって何もチャレンジせず拒絶が当たり前。

 

 

昔は当たり前だと思ってたことも
今となっちゃ当たり前じゃなくなるし
だからビジネスって面白いし人生楽しくて仕方ないです。

 

 
価値観一つでこんなにも変わっちゃうんだもん。

 

 

 

おっとっと、話が逸れましたね。

 

 

とにかく納豆チャレンジをすることにしたのだ。

そして僕には勝算があった。

それは最近僕がとろろを食べれるようになったからだ。

 

 

正確に言うと僕は今まで納豆がダメだから
とろろもネバネバで食えないだろと決めつけてた。
しかしいざ食べてみると食べれるのだ。

 

 
自分が一番驚いた。

 

俺食えるじゃん!!!!!!!

 

 

 

自分の成長を確かに感じた。
どうやらネバネバは大丈夫なようだ。

 

 

じゃあ後は敵は臭いを残すのみ。

 

 

それさえ克服してしまえば僕の眼の前に
食べ物の敵は存在しなくなる。
完全勝利だ。

 

 

でも正直臭いはやっぱトラウマだ。
食べれる気がしない。
そこであるときのことを思い出した。

 

 

1回だけ食べれたことがあったのだ

それは高校二年生のときの話。

クラスで文化祭の打ち上げがあった。

 

 

 

みんな忙しい中汗水垂らして頑張った甲斐もあり
クラスの結束も強くなってかなり盛り上がってた。

 

打ち上げはお好み焼きやでやっていた。
そして僕のテーブルには男2人と女2人。

 

 

 

 

そこでは文化祭大変だったねーとか
でも最後まで頑張ってよかったねーとか
本当にお疲れさまーと

 

文化祭での思い出とかも交えながら
いろいろと話していた。

 

すると女の子の一人が
納豆のお好み焼きが食べたい!

と言い出したのだ。

 

 

 

 

まぁそもそもお好み焼きと納豆って合うのか?という疑問。
そして僕は納豆が大嫌いだ。
まじか。。。。とうなだれた。

 

 

 

 

でもその女の子はクラスの中でも1番人気の子で本当可愛かった。
それから可愛いだけじゃない。性格もおしとやかで勉強もできて
運動もできてとにかく非の打ちどころがない女の子だった。

 

 

その女の子の前で納豆食べられないんだよねなんて言えるわけがない。
その女の子が大好きなものを嫌いと言ってしまうことで
嫌われるのが嫌だった。

 

 

 

もちろんそんなことで嫌うほど器の小さい子ではないけどw
それでも情けない姿を見せたくはなかったのである。

 
これが思春期だ。仕方ない。

 

 

だから僕は自分の心を捨てて
納豆お好み焼き食おうぜ!と声を張り上げたのだ。

 

 

 

それはもう賭けだった。
なぜなら僕はリバースをしてきた経験があるからだ。

 

 

 

よく考えたらリバースした方が印象悪くなるじゃねぇかと思ったが、
時すでに遅し。もう注文してしまった。
女の子はウキウキしながら来るのを待ってる。

 

 

 

どんだけ納豆好きなんだよと思いつつも
頼むからリバースだけはしないでくれと僕は神頼みしてた。

 

 

するとついに納豆お好み焼きがやってきた。

 

 

ここからは一世一代の大芝居だ。
絶対に納豆嫌いを悟られてはならない。

 

 

にしても納豆が大盛りに盛られててこの時点で苦い顔をしそうになる。
幸先が不安である。

 

 

とりあえず待ちに待った女の子が私が焼くんだと自分で焼き始める。

 

 

臭いに関してはあまりしなかったから焼いてからは
特に問題はなかった。
普通に会話を楽しむことすらできた。
だが勝負はここから。

 

 

食べるまでは絶対に気を抜けない。

 

 

ここでリバースしたら全てが水の泡だ。
そしてお好み焼きも焼け、人数分に切られる。
そして皿に盛られる。

 

 

ついにこの瞬間が来たかと僕は息を飲んだ。

 

 

ビジュアル的には納豆がはみ出てて
美味しそうには全く見えなかったが
芝居をしなければならない。

 

そして肝心なのは食べてからのリアクション。
ここが成功するか否かで今後の学校生活に影響が出る。

 

 

 

リバーズなんてしたら。。。。
考えたくもない。。。。

 

 

というわけで早すぎても遅すぎても不自然なので
みんなの様子を見ながら同じタイミングでパクリと食べる。

ファーストインプレッションには噛んだ場所が良かったのか
納豆は出てこなかった。

 

 

 

 

普通のお好み焼きだった。とりあえず一安心。
それからも咀嚼を続ける。

 

モグモグモグモグモグモグ。。。。

 

正直な感想を言おう。

 

これ納豆入ってんの!?!?!?!?!?

 

 

 

 

どこにも納豆が見当たらない。
普通に美味しく食べてる。
いやそれはそれでいいんだけど、

 

 

 

でもこっちはそれなりに覚悟決めてたし

納豆からの攻撃に対してこれ以上ないほど構えてたから
拍子抜けしてしまった。

 

果たしてこれを克服と言っていいのかはわからないけど、僕は勝利した。

 

 

と、まぁこんな感じのことがあったのを思い出したのだ。

 

 

どうやら何かしらとコラボすればいける可能性が出てきたのである。

 

そこで僕は全国の納豆嫌いに提唱したい。
納豆アレンジすれば食べられるんじゃないか説を!!!!!!!

 

 

 

 

正直大したことは言ってない。
ようは納豆嫌いでも他に中和させる何かがあれば
ネバネバとか臭みがなくなって食べれるようになるんじゃね?
ということだ。

 

 

納豆をあのパックのままいくのキツイからハードル下げようというこった。

 

確かに何か新しいことをやりたいって時にハードル下げるのはクソ大事。

 

 

いきなり目標達成する必要なんかない。
結果的にゴールにさえたどり着けばいいのだから。

 

 

 

 

1番ダメなのがいきなり高いハードル飛び越えようとして挫折すること。
あれはナンセンス。

 

まずは1歩踏み出す。これが大事。

 

というわけでクックパッドで検索。

 

 

なんか美味しそうなものが見つかった。
しかもたまたまだけど、お好み焼きにめっちゃ似てる。
普通に食えそう。これにするか。

 

 

 

 

簡単に言うと納豆と玉ねぎを混ぜて焼いたもの。
焦げ目がついてる部分とかそそられます。
こんがりしててバクバク食えそう。

 

 

というわけで早速作ります。

 

 

だけど最大の難関は1番初めだった。
納豆のパックからボウルに移す作業が少しきつかった。

 

 

かなり久しぶりのご対面だったし、臭いとネバネバでKO寸前。

あーだるいなー萎えるなーと心折れそうになる。

 

でもこの後の作業は順調。

 

あとは玉ねぎを細かく切ったものや調味料を入れて混ぜるだけ。
小学生でもできる。

 

そしてあとはフライパンで片面5分ずつ焼いていく。

 

完成。

 

クソ美味そう。
絶対うまいという確信が香ばしい匂いから伝わってくる。

 

 

それではいただきます。

 

 

うまい。やはりうまし。

 

 

シンプルにうまかった。

 

そして肝心の納豆だけど、お好み焼きとは違い納豆らしさはあった。
それでも全然食べれた。いい感じにコラボして満足。

 

そこで僕は思ったんです。

 

 

俺納豆単体でもいけるんじゃね?
克服しちゃうんじゃね?って。

 

 

そこで思いついたら即行動。
冷蔵庫から再び納豆を取り出してかき混ぜる。

 

 

さっきは嫌悪感の塊だったけど、
昨日の敵は今日の友的な感じですっかり仲良しになった。
今さっき納豆を食べれた小さな自信がそうさせてくれたのだろう。

 

 

で、今までは全くダメだった納豆単体をパクリ。

 

 

やはりいける。
好きではないけど、でも嫌いってほどでもない。

 

僕は割と感激した。
だって自分がこんなにも成長してるなんて思っていなかったから。

 

 

 

 

今まで僕は小さい頃から納豆に対して臭いだったりネバネバだったり、
勝手に強いトラウマを持っていた。

 

 

でもいざ食ってみたら僕ももう大人になったのか平気で食べれてしまった。
人間やっぱりいつまでも子供じゃないし、成長してるんです。

 

 

今回が僕がこうして納豆を克服するという偉業を成し遂げられたのも

 

 

 

とりあえず嫌いでも納豆食べてみようと思ったこと。
いきなり納豆単体はきついからハードルを下げたこと。
自信がついたら即納豆単体にチャレンジしたこと。

 

のおかげだ。

 

それでも全部僕にしか使えない特殊能力を使ったわけではない。

誰でも簡単に気持ちの持ちようでできるようなことだ。

 

 

本当に今回はことあるごとに勇気を出した。
僕は正直食べられないと思ってたから。無理だと思ってたから。

 

それでも何もチャレンジしないで可能性を潰すのだけは避けたかった。
それはあまりにも意味がないことを僕は感覚的に知っているから。

 

 

だってネットビジネスがまさにそう。

 

 

 

 

最初やり始めた頃なんて応援してくれる人なんて皆無だった。
みんなやめろやめろ言って僕の可能性を食い殺しにかかってきたんですから。

 

今ではさすがに言われないし、言われても平気です。
でも昔は常に反対されたから不安で仕方がなかった。

 

それでも投げ出さなかったのは後悔したくなかったから。

 

 

 

自分でやれるだけやってダメなら納得いくけど、
周りに流されてやめるのはのちに悔やんでも悔やみきれなくなるから。

 

だから嫌だった。

 

今回は確かにたかが納豆だから人生には影響しないと思うかもしれない。

 

 

 

 

 

でもここで培った経験でやっぱり自分が正しいんだということが
また証明された。

 

それはもう圧倒的な自信を生む。

 

そしてそれはビジネスにも良い影響を与えるし人間関係であったり恋愛であったり
人生の様々な場面にその自信は良い影響を与える。

 

 

 

 

 

それってめちゃくちゃコスパ高くないですか?

 

たかが納豆、されど納豆なんです。

 

僕はまたこの経験を通して強くなれました。自信がつきました。

 

 

 

 

 

そしてこれから自分が何か苦手だなと思ったことも
この納豆の経験があることでチャレンジへの抵抗が少なくなるんです。

 

 

新しいことに挑戦することに抵抗がなくなると
常に新しい世界を知りたくなり刺激を受けて、人生が確実に豊かになります。
納豆食えるだけでも人生豊かになるんです。

 

 

 

 

バカみたいに聞こえるかもしれませんが、僕は本気です。

せっかくもらった人生チャレンジしまくって豊かにしたいものですね。

 

ではでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

 

 

僕のブログの人気記事です。

評判の良かったオススメの人気記事をまとめてみました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

2 件のコメント

  • とくだです。

    どんなに苦手で無理だ、と思っていても挑戦してみたら意外とできるかもしれないし、できたら自信もついていい事だらけで、もし失敗したとしても、今までの自分と何も変わらないから損もしないとかコスパがめちゃくちゃいい、、。

    とりあえずやってみる、とりあえず挑戦する。
    僕もこれを意識して、行動していきます。

    ありがとうございました。

    • とくださん、コメントどうもです!

       

       

      とりあえずやってみるマインドはホント大事ですね。
      迷った時ほど、嫌だなと思った時ほどあえて突っ込んでみると成長しますからねー

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です