たかが21歳の大学生のくせにたった30分でKindleを出版できる時代なう

どうもしょーへいです!!!!!!!

 

 

今日はずっとやろうと思って出来てなかったことを達成しました!

 

 

それはタイトルにもあるようにKindle出版です!!!!!!!

 

やっと重い腰を上げてやりましたよ

でもやってみたら30分でできたとか笑いが止まりませんねwwwwww

 

 

というわけで僕の本を紹介しちゃいますねー

ジャーン!!!!!!!

 

 

 

クリックすると僕の本の販売ページに飛んでくれます。是非是非みてくださいー

 

 

とは言っても内容は僕のブログにあるプロフィールレポート

ほとんど変わらないんですけどねww

 

 

 

でもこれは出すことに大きな意味があるんですよ。

これがあるだけで周りからの見る目が変わります。

本出しちゃうとかすごい人なんじゃね!?って思われます。

 

 

いわゆるブランディングというやつですね。

 

 

本を出版するとそれなりに人としても価値が上がります。

 

 

もちろん大したことはやってないので爆発的な効果はないと思いますが

出版しないよりかは数倍マシです。

 

 

うーん、でも個人的に今までもったいないことしてたなーと思うのが

もっと早くやってもよかったなということですかね。。。

 

 

 

というのも僕がKindle出版を考えようかなと思ったのは今年入ってすぐ。

1月1日の話ですね。

 

 

 

僕のビジネスの知り合いの方々が立て続けにKindle出版したんですよね。

本当に恐ろしいスピード感でしたよ。

 

 

僕なんかはその時本を出版するなんてKindleといえども

いろいろ手続きめんどくさいんじゃないの!?

と疑問視してたんですよ。

 

 

 

まぁただの偏見でしかないですね。

しかも知り合いが簡単だって言ってるんだから

簡単に決まってるんですよ笑

 

 

それでも僕は動かなかった。

まぁそれでもすぐ出さないのは一応理由はありました。

 

 

今このブログで紹介したプロフィールレポートをもっと改良して

今よりも面白い作品にしてから出版してやろう!

というのが僕の作戦だったんです。

 

 

でも結局何一つ変えずこの日が来てしまいました。

 

 

 

2/28までには出版するってことに決めていて

それまでにはやるだろうと1月時点では思ってたのですが

思ってたのですが。。。。。

 

 

まぁ優先順位的にレポートを改良することはそこまで高くなかった

というのが1番の原因かなーと。

完全なる言い訳なんですけどねw

 

 

でももうちょっと時間が経って

ビジネス始めた後のネタがたまったら続編も兼ねて

僕の人生の全記録をレポートをにまとめたいな!

という願望だけはあるということを一応書いておきます笑

 

 

 

いつになるかはわかりませんが。。。。

いつか必ず。。。いつか必ず。。。。

 

 

まぁそんな未練タラタラな情けない話は置いといて、

このKindle出版までのスピード感はマジでハンパなかったです!

 

 

そもそも今日なんで出版に至ったかというと

ただ急に思い立ったって感じです。

ノリです。ノリでしかないですw

 

 

だって今日すごい雨降っててなんか楽しくなかったんですよ。

作業しててもなんか憂鬱になってくるし。。。

 

 

だからここは何かテンション上げていきたいな!!!!!!!

と、不意に思ったんですよ。

 

 

そこで思いついたのが今までやるのに二の足を踏んでたあいつ。

そう、Kindle出版に白羽の矢が立ったんですね。

 

 

もう何となくノリで出しちゃうかー!と。

 

 

だって1ヶ月以上前からやろうやろう言って出来なかったし、

もう2月も終わっちゃうし、何か1発かましとくかって感じです。

 

 

で、Kindle出版どうやってやんの?っていうのを軽く紹介しますかね。

多分これ聴いた瞬間30分でできちゃう猛者とかいるかもしれないですね。

 

 

まず何を出版するかは基本的には自由です。

本だからといって大量に文字とかいらないです。

 

 

一応僕は10000字以上はありますが、500字とかでもいけるらしいです。

500字とかツイート4個分くらいですよw誰でも出せますねw

 

 

しかもテキストだけじゃなくて画像だけってのも可能らしいです。

文章書くの苦手やーって人は画像ペタペタ貼るだけでも

出版しました!って言えるのは強いですね。

 

 

さっきは出版するとブランディングになって信用されるとか言いましたが、

出版すると自分にとっても自信がつくんですよね。

少なくとも昨日の自分よりかは確実に大きくなった自分になります。

 

 

30分で本を出版して自信つくとか本当にすごい時代に生まれましたね。

 

 

で、話を戻すと基本は何を出版するにも自由で

ワード形式が好ましいです。

 

pdfで僕は出そうとしたんですけど、Amazonから

「pdfは形崩れやすいからやめとけー」って諭されました。

 

 

で、何を出すか決まったらあとは流れるように出版まで辿り着きます。

 

まずはKDP(KindleDirectPublishing)と呼ばれるサイトに行きます。

kdpとググれば1番上にヒットするのですぐ見つかるはずです。

 

 

 

あとはそこで個人情報を書いたりするのですが、

僕が苦戦したのは「税に関する情報」ってやつでやたら難しそうなことを聞いてきます。

 

 

 

でも僕は先にKindle出版を果たしていた人から

Kindle出版するときの解説動画をいただいていたので、スムーズに手続きできました。

 

 

いやー本当にありがたいですね。

そしてこれもレバレッジのすごさですね。

 

 

何回も説明しなくても動画を1回作ってしまえばいいんですから。

YouTube最高なわけです。

 

 

それからは銀行口座を登録したらあとは本の名前とかですね。

それから表紙も自分で作れるのがいいですね。

僕はいつもこのブログのサムネを作る感覚でさらっと作っちゃいました。

 

 

 

サムネを作る時に画像とテキストを組み合わせたい人はバナー工房がオススメです。

無料でそれなりのクオリティーのものが作れます。

 

一応僕がバナー工房について説明した動画も貼っておきますね。

 

 

 

 

表紙さえ出来てしまったらあとはAmazonにお願いします!

とやってしまえばAmazonが審査を始めてくれます。

 

 

一応僕がやった時は48時間以内には本がKindleストアに並びますよー

と言われたので、ストアに並んでから記事書くかーと思ってたんです。

 

 

それでその後お風呂に入って早くKindleストアに自分の本に出てこないかなー

とワクワクしながら20分後、風呂を出てストアを確認したところ。。。。

 

 

もう出版完了してるやないかい!!!!!!!

 

 

ビビりましたよ。

Amazonさんどんだけ仕事早いんですか。

 

 

こんな感じで風呂上がりにあっけなく出版デビューを果たしました。

 

で、早速動画を撮ったのがこちらです。

さっき話したkdpがどんな感じかも動画で撮ったので興味ある方はどうぞ!

 

 

あと僕の本はアメリカとかイギリスをはじめ13カ国のAmazonで

販売されてるっぽいのですがタイトルが大変なことになってるので

それももし出版される方は反面教師でこの動画見てください笑

 

 

 

というわけで実際に自分の本がAmazonのKindleストアでドーン!と出品されて

結構興奮しましたね。

 

 

大した労力はかかってないんですけど、

それでこの興奮はコスパ高い以外の何物でもない。

 

 

それから出品したらもちろん読みたくなっちゃいますよね!?

はい、即ダウンロードして買いましたよ。

僕のマイKindleで。

 

 

 

ちなみに価格は自分で決められるのですが、

僕は最低価格の2.99ドルにしました。

ちなみに価格はドル換算で決めます

 

 

ちなみに円に換算すると339円でした。

これは為替が変動したら値段も変わるんですかねー?

ちょっとわからないですが、変わるんじゃないかなと思いますね。

 

 

 

それから印税というか売れたら何%入ってくんねんっていう

地味にかなりきになるポイントがあると思うのですが、

これは2つのうちから選びます。

 

 

ちなみに印税のことをKindleではロイヤリティーというのですが、

売り上げの35%か70%どちらかのロイヤリティーを選びます。

 

 

なにが違うのかというと

他のストアでも販売できるかできないかだったり

価格設定の幅が変わってきたりするんですよ。

 

 

でも基本は70%でいいのかなというのが僕の感覚で

70%だとAmazonで独占販売オンリーなのですが、

ぶっちゃけ他のストアで売らなくてもAmazonの集客力あれば十分かなw

って感じです。

 

 

また話がずれましたね。戻しましょう。

 

それで自分の本を早速ダウンロードしたんですよ。

で、やっぱねKindleで読むのが1番読みやすいですわ。

 

 

で、実際に僕のKindleをですねダウンロードしたところをまたまた

動画に撮ったのでよかったらみてください。

 

 

なんか今日は動画ばっかですねw

まぁでも割と感動したので動画に収めたい欲が強かったんですよ。

 

 

どうしても文章だとどんなにテンション上げて

感動した!!!!!!!

とか言っても伝わるのに限度があるわけで

 

 

やっぱ動画で実際に僕の生の声であったり

今回であれば僕の自宅のベッドの上で撮った視覚の臨場感があった方が

情報量が多くなって伝わりやすくなって感動を共有しやすいんですよ。

 

 

スポーツ観戦もラジオよりはテレビが臨場感あるし
テレビよりかは生観戦が1番臨場感ある。

 

それと全く同じですね。

 

 

で、またまた話が逸れたので戻すと、

Kindleがめちゃくちゃ便利なんですよ。

 

 

僕はちょっと前にkindleを買ってから割とこの子を寵愛してるのですが、

本当に手軽に本を読めるから読書のハードルが下がるんですわ。

 

 

特に今回のプロフィールレポートとかはかなり読みやすくなるんですよ。

 

 

今までPDFとかってパソコンで長い文章読むの厳しかったりするんですが、

Kindleのサクサク読みやすさは異常です。

 

 

外に持ち運んでも小さくて軽いから邪魔にならないし、

これが分厚い本とかだと大変で、その代わりKindleは端末に複数の本を入れられる。

 

 

ビジネス書だろうが漫画だろうがPDFだろうがなんでも入ってるから

好きな時に好きなものを読める自由度が増える。

 

 

これだけで僕の読書時間は大幅に増えました。

 

読むときのハードルを低くすることで僕の勉強時間は増えたのです。

 

 

確かにKindleは少し高い買い物かもしれませんが

僕の勉強に対するモチベを圧倒的に高めてくれるので安い買い物ですね。

 

ちなみに僕はこのKindleを使ってます。

 

 

モチベは金で買って仕舞えばいいんです。それでやる気が出てくれれば余裕で回収できます。

 

お金は自分の人生を豊かにする手段なのだから使わないとはっきり言って無駄でしかない。

 

 

僕はもともとクソ重たいWindowsのパソコンを使ってて

それに慣れてしまったのと新しくMacに買い替えるのがめんどくさかったのもあり

それでずっと損してたことがあったんですよね。

 

 

だってMacにいざ変えた時ビビりましたもん。

こんなにも使いやすいんか!!って

まぁつまらないプライドが原因で買い換えなかったんですけどね。

 

それについてはコチラでがっつりと懺悔してます。

懺悔します。僕はずっとMacが欲しかったんだ。

 

 

まぁでもとにかく今日ビビったのはたった数十分でKindleが出版できちゃうこと。

冷静に考えて頭がおかしいですよ。

 

 

ちょっと前まではこんなことできなかった。

たかが大学生ごときがちょっとした文章作って個人情報入力したら

すぐ店に自分の本が並んでしまうのだから。

 

 

これを見てもわかるように

インターネットの発達によって圧倒的に情報を伝えるコストが下がってるんですよ。

 

 

だってちょっと前まではLINEすらもなかったわけじゃないですか?

ここ5年くらいじゃないですか?

 

 

昔とかだったらメールを送るだけでもパケット代がかかったり

電話代もバカにならないぐらいかかって親に怒られたことありますもんw

 

 

本の出版だって昔だったら出版社にまず協力してもらうまでにかなりの時間がかかりますし。

それから本を刷ってもらう金銭的コストもかなりかかる。

他にも時間と金が山ほどかかるのはかなりの障害ですよ。

 

 

それが今では30分で無料で本が無限に出版できてしまう時代。。。。

 

 

インターネットをうまく使えるか使えないかが大きな格差を

引き起こすのは明らかですね。

 

 

実際Amazonが発達してから本屋はもう危機的な状況なわけで、

だって本屋にわざわざ探しに行く理由がないですもん。

 

 

こうやってインターネットを活用できないと自然淘汰されていく世界が

形成されていくんですね。

 

 

この歳でネットビジネスに出会ってよかったよかったと

日々痛感します。

 

 

ではでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<