【ターミネーターシリーズ比較まとめ】1と2が傑作すぎるので必ずや観てほしい

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも、しょーへいです。

 

 

ターミネーター1、2、3、4とジェニシスまで5作品を2日間くらいでぶっ通しで見たので、

軽く思ったこと書きます。

 

まず1と2は神。

傑作すぎました。

 

 

ターミネーターシリーズに関してはこの2つ見れば十分かなというレベル。

特に2は異常に感動する。泣いた。

僕はほとんどの作品は1回見れば十分かと思うけど、これは何度も観れる。

 

 

それからかなりストーリーの勉強になる。

逆にCGとかに頼っても面白いものができるわけではなく、結局はキャラクターやストーリー。

 

これらがきちっと定まってないとCGなどの演出が際立たないと再確認。

 

 

それで3はひどい。

個人的にはちゃんと運命変えろよおおおおおおおおおって突っ込みたくなります。

見た人はわかりますがラストがかなりいただけないです。

 

4とジェニシスは3と比べると悪くないけど1、2が傑作すぎて比べてしまうと色褪せます。

あとこの2つはもはや別の映画って感じですね。

 

 

 

 

で、他にも特に1と2から学べたことは環境の強制力です。

つまりは環境が人を強くするということ。

 

というのも主人公にサラコナーという女性がいるんですが、

いきなりターミネーター(=殺人ロボット)に殺されかけます。

 

最初めっちゃ混乱です。

 

なんで私が急に命狙われてんの?

と、もうパニック状態です。

 

 

だって彼女は普通に飲食店でバイトしてるウェイトレスってだけなのに。

平常心でいられるはずがない。

 

 

あとこの世界にはタイムマシンがあって未来から人が来ます。

その未来人は殺されそうなサラコナーを助けに来るのですが、

 

その未来人が言うには

 

あなたが死ぬと人類が滅亡する。

と、聞かされます。

もう彼女は意味が全くわからないです。

 

 

それで理由を聞いたところ、

どうやらサラコナーが将来産む息子のジョンが人類を救うリーダーになるらしい。

 

 

未来では人類とロボットが対立して戦ってる状態で、

敵であるロボットは母親を殺せばジョンが産まれないと考え、未来から殺しに来たのだ。

 

ジョンが生まれなければ我々ロボットは勝てるというわけです。

 

サラコナーからしたら本当に迷惑な話だ。

ただこの絶体絶命な状況で奮起していくわけです。

 

 

 

彼女は結局自分がやるしかないと決意し、あらゆる困難も克服していく。

か弱い女の子だったはずなのに2になると軍人並みに戦闘力アップしてるから半端ないです。

 

 

銃をぶん回して相手を蹴散らしたり

ピッキングで相手の目を盗んだり

 

マジで女の子としての面影は皆無です。

そのぐらい見違えるほど強くなります。

 

 

もちろん好きでこうなったわけではなく、

人類の未来、そして息子の未来を守りたいという強い想いがあったからこそです。

 

非常に心打たれましたね。

 

 

 

僕も環境の強制力を借りて自らをパワーアップさせなければと感じましたね。

 

ぬるま湯みたいな環境にずっといると、

向上心はなくなるわ、ダラダラするわで全く成長しませんからね。

 

 

他にも人間関係とか愛情の部分で話したいことはたくさんあるけど、

ここら辺は実際見ていただければって感じです。

 

 

とりあえずこれらが大まかな感想です。

細かいところは下にメモとして書きなぐったので興味のある方は是非是非。

 

あとターミネーターはHuluで観れるらしいのでまだ観てない方はそちらからがオススメです。

雑記です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ターミネーター1と2両方とも面白かった。
個人的には2の方が泣いたので、優劣をつけるなら2の方がまた見たいし好き。

 

じゃあなんでこうなったのか考えた時に1はやっぱり前提知識を共有するのに、
ある程度設定を伝えなければならないからどうしても客観的な情報が多くなってしまうのかなと。

 

2は魅力的なキャラが多くなったし、前回の続編ということでこちらとしても世界観に入りやすい。
もしかするとターミネーターシリーズを2から見た人はまた別の感想を思うのかもしれないけど。

 

 

特にジョンコナーのスター性というか神童感がワクワクする。
スターウォーズでいうアナキン的な存在にかなり近い。
最初はただの悪ガキだけど、途中からはザ主人公って感じでこいつが人類のリーダーになったのはすごい頷ける。

 

 

それからサラコナーの成長力がすごすぎる
1とはほぼ別人で軍隊の人ですか??と聞きたくなるぐらいだ
環境が人を変えるとはこのことかとまさに思った。
ただ強いていうならサラコナーが成長してく過程も作品してほしいなと思ったけど、もうすでに他の作品であるのか気になるところ

 

 

それからシュワちゃんのセリフはいい、字幕で見たから英語で聞くとさらにいい
個人的にアイルビーバックしか知らなかったけど、信頼しろとか地獄で会おうぜベイビーとか頭に残るシーンが多かった
あとは泣く気持ちがわかった、泣けないけど。もラストはジーンとなった。

親指残すシーンはもう最高最高最高

 

 

あとはダイソン(研究者)の葛藤も良かった。2はキャラが単純に多くなって視点が増えてるからストーリーに重厚感ある。
未来の俺を責めないでくれよとか言いつつもサラコナーに威圧されるのは少し可愛そうだ
正直死んで欲しくなかった

 

あとT1000(敵)は強すぎないか、ゴジラ以上の絶望感を感じた。(最近シンゴジラ見たので笑)
最初は液体窒素のとこで終わりかと思ったけど、何やっても生き返るし頭もいい
そう考えるとストーリーの面白さっていかに絶望を作り出して、それを主人公たちに乗り越えさせるかなのかなと。
変な奇跡とか起こさないでなるべく自然な形で。

 

というわけであとで続編も見ていく、3はつまらないらしいけどつまらない作品を見て学ぶことも大事だと思うので。

 

 

3と4とジェニシスを見て追記

まずこの3つだと3がつまらなくて4も微妙でジェニシスはこの3つの中では面白かった
でも2が傑作すぎてどうしても色褪せるのは事実。
2で終わらせなかったからずるずると引きずってる感が否めない。

 

 

本当は2で終わるはずだったのに金儲けのために続編が作られ監督が変わったというのもわかる
1と2でサラコナーやった人は3の脚本見て断り作中では死んだことにさせられたと書いて合ったが納得いく
ただサラコナーはジェニシスでは時間軸がずれて復活してるからもうなんでもありだなって感じだ
別作品として楽しむしかない

 

 

で、まず3は運命は自分たちで変えられるというメッセージを台無しにしてるから終わってる
あのラストはやらかしてる、正直数時間後にはもうストーリーを忘れかけてるくらいの駄作だ

ターミネーターを女にしたのは男ウケ狙ったのか?サラコナーいなくなったから絵的にぶち込んだのか?
あ、でもケイトがいたからなぁ関係ないのか?

 

とにかくストーリーの起伏がないし、あとはジョンコナーの魅力がなくなってるのがでかい
どうやらジョンコナーはリアルで薬にハマった結果ああいう弱気なキャラなったとか?

何しろ3のジョンコナーはいただけない、神童感が消え失せて魅力ゼロ。

 

 

ジェニシスは初めワクワクした
1と関連させてるから面白かったし、サラコナーがなぜか強いのもびびった
ただシュワちゃんとサラコナーがだいぶ前から知り合ってるって設定が急に出たのはもうなんでもありだと割り切れってことなのかな
まぁ1とリンクさせて表現する手法は純粋に楽しめた

 

 

ただ全体を通して1と2を抑えれば十分かなと。まだ続編出ると思うけど。
今回わかったことはいくらCGが発達してもストーリーとかキャラ設定などの根幹部分がダメだったら記憶に残る作品にはならないということ
派手に爆発してアクションもそれだけでは全くの金の無駄遣い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

だいぶ偉そうに言ってますが、見終わったあとすぐに書きなぐったらこんな感じです。

続編も見たいとは思いますが1と2を超えるのは相当ハードル高いなと感じますね。

 

 

ではでは今回はこんな感じで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

4 件のコメント

  • 私もこれは全部見ているけど、TVでやったその時その時で、見ているからだいぶの前の事。
    面白い次を期待させる(まちどうしい)映画だったけど、やっぱり3以降はヒットしたから考えて付け加え作った作品という印象しか残っていないし、別の映画になっちやったって、ホントそうだね。 やっぱり、1.2までだよね。とてもワクワクドキドキしたのを記憶している。
    その他、印象に残っている映画は、トム・クルーズとダスティン・ホフマンの「レインマン」とか、トム・ハンクスの「フォレストガンプ」と「プライベートライアン」。この2つは近い間隔でみると、トム・ハンクスの演技力の凄さが解る、全然違う役どころがぴったりはまって出せているし、メグ・ライアンと共演していた頃の恋愛コメディーの帝王と言われていたトムを知っていたらなおさらよいのだけれど。 後は、クリント・イーストウッド、メリル・ストリーブの「マディソン郡の橋」、これは泣いた。女性が泣ける恋愛映画かな。…最近では、イーストウッドの「ミリオンダラーベイビー」、あんな結末になるなんて…思いもしなかった。それを、映画公開前に微塵も感じさせなかった宣伝側の勝利?      あいす

    • 僕はターミネーターを一気に見たので、余計に2と3の変化がわかりやすくダメになってましたね。
      フォレストガンプ以外は見たことないんで、チェックしておきます!

  • 私も大好きなシリーズです。
    特にT2でイスラエルの軍人から訓練を受けたリンダハミルトンさんの軍人体型は魅力的でした。
    私の母は映画を観てから筋トレをやるようになりました。笑
    しょーへいさんはT2の完全版をご存知ですか?T1000型のダメージシーンが追加されて劇場公開版と強さの印象が変わってしまいこれもまた面白いですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です