野球場(ボールパーク)とAKBと再定義

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、しょーへいです。

 

今日はですね、〇〇を再定義するということについて深く掘っていきます。

 

 

 

再定義については後々話していくとして

突然ですが皆さん、ボールパークという言葉を知っていますか?

野球好きの人なら1度は聞いたことあるかもしれません。

 

で、ボールパークというのは簡単に言うと

野球場とテーマパークを組み合わせたものです。

 

 

例えば最近では楽天の球場になんと観覧車ができましたし、

広島のマツダスタジアムには子供用のでっかい遊具があったりバーベキューできるところもあったりします。

 

 

僕が知らないうちに野球場がこんなに変わってるなんて正直ビビりましたw

 

でもどうして最近このような改革が進んでるのか?というのはですね、

まぁシンプルに野球の人気が下がってしまってるわけです。

 

というか昔は野球以外に楽しめるものが少なかったというのが正しいかもしれませんね。

 

野球が昔人気だったのは他でもなくずっとテレビで中継されてたからです。

当時はネットがないので、テレビしか基本的に娯楽はありません。

だからテレビの影響を非常に強く受けるわけです。

 

 

でも今はテレビ以外にも選択肢はあります。主にネットやスマホですね。

だから最近では野球中継もあまりされないし、そもそもテレビ離れが顕著になってきてます。

視聴率もスマホとかが出てきたことによって下がる一方です。

 

 

そうすると当然ながら野球観戦する人も減っていきスタジアムの運営も厳しくなる。

そこでボールパークという考えが重要になってくるわけです。

 

 

野球人気が低迷すると、野球観戦する人は熱狂的な野球ファンしかいなくなります。

ようは今までの野球場のイメージって野球が好きな人だけが行く場所だったんです。

 

ターゲットが野球好きオンリーでした。

 

 

でも野球場をボールパーク化することによって野球場は野球を見に行くだけの場所ではなくなったんです。

遊園地感覚でカップルや家族や友人と一緒に来るところになったんです。

 

野球好きだけがくる場所から野球以外も楽しめる場所に変わった。

これはつまり野球場という概念を再定義したということです。

 

 

 

これだけでもターゲットの幅が大きく広がったのは容易に想像できるでしょう。

最近カープ女子なんて言葉が流行ったのは今までの野球場の価値観を再定義したのが大きいわけです。

 

今まではおっさんがビール飲みながら応援してるイメージだったのが、

老若男女問わず楽しめる空間に変わったのです。

 

 

で、今話したようにもともとの価値観を再定義することで新たな市場を創るというのは

他にも山ほどあります。

 

 

例えばAKBなんてまさにそうじゃないですか。

 

「今会いに行けるアイドル」なんて今でこそ握手会とか普通にありますが、

昔のアイドルとは全く違います。

 

 

昔は松田聖子さんとかいわゆる高嶺の花的な人がアイドルだったと思うんです。

でもそういった人は徐々に少なくなっていき、

最近はAKBを始めももクロとか高嶺の花よりは親近感。

 

 

距離感の近さが売りになってますよね。

これもまたアイドルを再定義したことによって新たな市場が生まれたわけです。

 

 

既存の市場で客を奪い合うよりも新たな市場を作ったほうが楽です。

 

回転ずしが生まれたのも回らない寿司って高級すぎて庶民には手が届かないから

1皿100円とかが大ヒットしたんです。

 

 

まぁとにかくこういった類の話は他にもたくさんありますけど、

ぶっちゃけ規模がでかすぎて自分に応用できないやんとか

だから何だよ?って思う人もいるかもしれません。

 

 

なので、ここからは僕が日常で自分に役に立ってる再定義の話をしていこうかと。

まず1つは外注さん関連です。

 

 

これはこっちの記事でも言ってることですけど。

アフィリエイト&外注化マニュアル商材「脱獄」の内容と評判レビュー[特典付き]

 

 

普通は記事を書く=お金をもらえるという構図なんですが、

僕は記事を書く=コミュニケーション能力が上がるという話を必ずしています。

 

実際に記事を書いていく上でこれを読んでる人はどういうこと知りたいんだろと

考える時間が多くなりますからね。

 

文章がうまくなると会話もうまくなって人間関係のストレスとか無くなりますよって話をすると

記事を書く目的がお金だけではなくなるので、安い報酬でも働いていただけたりします。

 

 

しかもライターさんの満足度もめちゃくちゃ高いです。

仕事楽しいです!文章書くのが好きになりましたとか言ってもらえたり。

 

 

記事を書くということを再定義してあげることでウィンウィンの関係を築いてます。

 

 

あとは1番使えるなと思うのが自分の過去を再定義すること。

 

例えば僕は高校生の時に大学受験を失敗しました。

もうその時は自分クズだわやってらんないわでとにかく後ろめたくなるような過去でした。

 

その後浪人することになってもなんで現役の時にもうちょっとうまいことやれなかったんだろと

常に自分を責める日々が続いていました。

 

 

でも正直今は失敗してよかったなとしか思っていません。

僕はあの時自分の人生をろくに考えないで、なんとなく受験して失敗しました。

 

 

だからそれからは二度と同じ失敗をして後悔しないように

改めて自分を見つめ直す機会になったし、特に浪人した1年間は僕の中ではいい思い出です。

 

 

これも何度も言うように再定義です。

 

 

これができないとマジで泥沼にはまります。

いつまでも過去の自分を悔いてウジウジしてつまらない人間になります。

 

何か新しいことにチャレンジするときもトラウマになって足を引っ張られて

勇気が踏み出せなかったり何もいいことはないです。

 

 

失敗を失敗と捉えることに何もメリットはありません。

そこから何を学べるか、もしくは学んだか。

あの時の自分があるから今の自分がいる。

 

こういう発想があるだけでも救われる人多いと思うのでぜひ辛い時こそ試してください!

というわけで今日は再定義についてでした。

 

ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

2 件のコメント

  • どーも、とくだです。

    AKBは「会いに行けるアイドル」とアイドルを再定義する事で、新しい需要を満たして新しい市場を作ってたんですね。
    元々ある既存を再定義して、ブームになるものって最近多いですよね。

    僕が今日の朝たまたま見たTVでは、ジメジメしたあまりいい印象のない「苔」がブームになっていると話していました。
    小さな瓶の中に苔を入れてインテリアとして飾ったり、自分で数種類の苔を選んで自分だけのインテリアを作ったりしているそうです。
    世話もかなり楽で手軽に出来るとか言ってました。

    苔のジメジメした薄暗い所にあるイメージでしたが、これも可愛らしく飾ることでインテリアとして再定義している例なのかなと、記事を読んで思いました。

    やっぱり何からでも学べることがあるのと、自分の視点がまだまだなんだと再認識しました・・・。
    少しずつ視点を鍛えていきます!

    ありがとうございました。

    • とくださん、コメントありがとうございます!

       

      確かに苔の魅力にハマってる人最近増えてますよね。
      これもまたジメーッとしたイメージを再定義して新たな市場を生んだ例だと思います。
      僕も勉強になりました笑

       

      多分日常にこういった例って山ほどあるので、今度は再定義して失敗したパターンとか探すと面白いかもしれませんねー
      ちょっと探してみます!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です