どうも、しょーへいです。

 

 

先日ビジネスで色々とかなりお世話になってる人の誕生日祝いがありました。

いやー本当に楽しみまくったなー

 

 

普段は黙々と作業してることが多いのですが、その日は

 

 

とにかく美味しい日本酒やらウィスキーを嗜んで
それからお店出せるレベルの10時間以上煮込んで熟成された鶏肉も頂いたり
あとはネットビジネスで頂点に君臨する方々ともお話できましたし
桃鉄やカードゲームでもワイワイ盛り上がりました!

 

 

マジで充実した1日でしたね。

で、今回はそれであー楽しかったってだけで終わりではありません。

 

 

今回はですね、誕生祝いということでプレゼントを持っていったのですが
そのプレゼントの選び方で勉強になることがあったのでシェアしたいと思います。

 

 

まず話を分かりやすくするために今回プレゼントを贈る人をYさんとします。

で、僕は

「Yさんのプレゼント何にしようかなー」

と考えた時にかなり真剣に考えました。

 

 

Yさんとはたまに事務所にも呼んで頂いたりして
行きつけのお店も紹介してもらったり
非常にいつもお世話になってるんですよね。

 

 

だから何としてでも満足してもらいたかったのです。
そしてある時、ちょうど誕生日の2〜3週間前ぐらいですかね。

 

 

好きなお酒の話をYさんがしていた時、

「俺、ボンベイサファイアっていうお酒飲みたいんだよね〜」
と、ポロっと絶好の言葉をこぼしました。

 

 

キタキタキターーー!!!

 

 

僕は速攻Yさんに隠れてググりました。
ボンベイサファイアと検索窓に打ち込み、検索してみると

 

 

見た感じかなりオシャレなお酒だった。こんな感じです。

 

 

 

この時僕のプレゼントは決まりました。
何が何でもボンベイサファイア

 

 

ボンベイサファイアは僕を裏切らないと確信したのです。

 

 

そして時はながれて。。。

 

 

誕生祝い前日にあらかじめ地元の酒屋さんで
ボンベイサファイアを買って、プレゼント用にラッピングしてもらい
いよいよ当日を迎えたのです。

 

 

まぁ普通だったら「このプレゼント喜んでくれるかなー?」

と、不安に苛まれるところですが、

 

 

僕は欲しいものを知っていました。
ボンベイサファイアは裏切らないとわかっていたので、勝ち戦でした。
だから不安なんてものは皆無だったのです。

 

 

不安なんて皆無なはずだったのに。。。。

 

 

しかし残念ながら意気揚々としてるのもここまで。
僕がまさかボンベイサファイア買って後悔することになるとは。。。。

 

 

当日はお昼過ぎにYさんを除き、早めに集合し買い出しに行くことになっていた。
そこで他の人のプレゼントを見てみると

みーんなお酒だった。

 

 

確かにお酒は定番ということもあり、それなりに予想はしていたことだけど。
でもいざここまでカブると、なんか工夫すればよかったと少し後悔。

 

 

でもでも僕の切り札であるボンベイサファイアは本人が口に出してしまうほど
飲みたいと言ったお墨付き。

 

 

だからまだこの時点では心が折れてなかった。
それで買い出しを終えて、
その日は僕の師匠の家で誕生祝いをやる予定だったので

師匠の家へと戻りました。

 

 

そういえば僕の師匠は何を選んだのか非常に気になります。
そこで家に着いて、僕は師匠のYさんへのプレゼントを知ります。

 

 

それはスターウォーズで英語を学ぶといったテイストの本でした。

 

はっきり確認してないので、わかりませんが多分これです。

 

 

僕はこの時一瞬でハッとさせられました。
そして後悔の大波がドッと押し寄せられる気分になりました。

 

 

まず師匠はお酒を選ばなかった。
みんなお酒を選ぶことを知ってたからでしょう。

 

 

これは明らかに差別化になりますね。
圧倒的に印象に残ります。それに喜ばれますよ。

お酒ばっかもらってもしょうがないですからね。

 

 

それから何でスターウォーズの本なのかというと、
Yさんと師匠は共に語学を学ぶ講座に参加してたからですね。
だからスターウォーズで英語を学ぶというプレゼントを選んだのだと思います。

 

 

そして師匠は続けてこう言ってました。

「Yさんはどうせお金は持ってて何でも買えてしまうんだから、
潜在的に欲しいものをプレゼントしないと意味がない。」と。

 

 

確かになと僕は思いました。

僕が買ったボンベイサファイアは別にYさんだったらいつでも買えてしまうんですよね。

 

 

だってたったの2000円でそこらじゅうに売ってますから。
確かに欲しいと言ってるものだからもらったらそれなりに嬉しいとは思います。

 

 

でもそれは所詮、顕在的に欲しいもの。

 

 

そして自分の身に置き換えて考えてみると、
もらって嬉しいのはやっぱり今まで頭の中にはなかったけど、
自分の好みとか欲求とかを考えてもらってるプレゼントだなと強く感じました。

 

 

その方が自分の事考えてもらってるなーという感動もあれば
買おうと思ってなかったから意外性や新鮮味があって刺激になりますよね。
それってめっちゃその人の心の中に残ると思うんです。

 

 

そして僕は反省しましたね。
自分に置き換えて考えたらこんなの簡単なことじゃないか!って。

 

 

相手の好きなものをただただ無思考にプレゼントする自分を恥じましたね。

そんなんで満足してた自分が死ぬほど憎いです。

 

 

人としてまだまだでしたね。
次誰かにプレゼントを渡す際は相手のことを考え尽くしたいです。

 

 

ビジネスも相手のことを考えるなんてことは
基本中の基本ですからね。

 

 

それから僕はスティーブジョブズのあるエピソードを思い出しました。

 

 

スティーブジョブズも実はiPhoneを開発する際には、
市場調査を全くしなかったそうです。

 

 

お客さんにどんな商品が欲しいか全くアンケートを取らず
商品開発を進め、あの世界的大ヒット商品が生まれたわけです。

 

 

それからジョブズはこんなことも言ってます。

 

 

製品をデザインするのはとても難しい。
多くの場合、

人は形にして見せてもらうまで自分は何が欲しいのか

わからないものだ。

 

 

今回の話と通じるものがかなりありますねー

ちなみに今回の出来事をジョブズ風名言でいうとこうなりますね笑

 

 

プレゼントを贈るのはとても難しい。
多くの場合、

人は形にして見せてもらうまで自分は何が欲しいのか

わからないものだ。

 

 

即興で作りましたが、かなりしっくりきますねー
これからはこの言葉肝に銘じます。

 

 

今回はプレゼントの話でしたが、
ビジネスをやる上でも顕在的な欲求というものを知るの当たり前で

 

 

そこから潜在的な欲求を見つけ出してお客さんの心を動かすのが僕の仕事だなと
師匠のプレゼント選びを見て痛感しましたね。

 

 

ではでは今日はこんな感じです。
ありがとうございました。

 

 

PS
ボンベイサファイアめっちゃオシャレですよねー

結局僕はまだ飲んだことがないので、

誰か僕にプレゼントしてください!笑(顕在的欲求丸出し)


<オススメ記事>
逆算思考とネットビジネス〜アメリカは未来、日本は過去〜


【下記画像をクリックして、現役慶應生しょーへいがビジネスで生きていくと決めた理由をチェック!】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<