YouTubeアドセンスの簡易性とチャンネル削除について色々と物申したい

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

どうも、しょーへいです。

 

今回はYouTubeアドセンスを実践してる人のメルマガを見て
色々と思うところがあったのでそれについて動画で撮りました。

そのメルマガを見て僕は正直それって情報発信者としてどうなのよ?と
思ってしまいました。

 

僕はYouTubeアドセンスはやってないのですが、
最近こんな連絡がそれなりの頻度で来ます。

「今までせどりやらトレンドアフィリでは鳴かず飛ばずだったんですけど、
YouTubeはなんだかいい調子で日給3000円超えて来ました!」

 

みたいな感じで聞いてる限りはYouTubeで
成功体験を得てる人がたまにいます。

僕はそれを聞いてすごく嬉しいし、
直接指導したわけではないのに連絡していただけるのは本当にありがたいです。

 

ただポジティブな成果を報告してくれると同時に
ネガティブな報告が多いのも事実です。

どういうものかというとタイトルにもあるように
チャンネル削除が予告もなく急にされたとかです。

チャンネル削除されれば当然ながら、
収益は完全にストップします。

 

しかも予告もなくとかグーグルさんちょっと怖すぎでしょ。

いきなりチャンネル削除されるんじゃなくて、
何回か警告があってそれでも改善されなかったら
チャンネルが飛ぶっていうならまだわかる。

 

けどいきなりはちょっと残酷すぎる。
まぁこれがプラットフォームに依存することの宿命ではあるんですけどね。

僕もせどりでAmazonというプラットフォームに依存してたことがあるので、
そこらへんはすごくわかります。

 

あと最近はなんで削除されたかわからない場合も多いらしいですね。

 

で、僕がちょっと前に見たメルマガでは
「今はYouTubeが何をしてくるか上級者でも判断しづらい状況なので、2ヶ月くらいは様子見ましょう!」
と、言ってたんです。

 

僕はそれを見て昔の自分を思い出したんですよね。

だいぶ前のせどりをやっていた時に自分が扱っていた商品が
いきなりなんの前触れもなしに出品してはいけませんよ!と決定されてたんです。

なんの通達もなし、なんの理由もなしにです。
Amazonさんどういうことなんすか?とマジでブチ切れました。

 

僕はその商品と、あとはその関連商品で月に20万以上は稼いでました。

まだ出品禁止されてない商品もあり生き残ってはいましたが、
でも1つの商品が禁止されたことで他も禁止されるんじゃないかと恐怖は僕の脳裏にずっとこびりついてました。

 

僕の中ではこのまま続けてもまた稼げるという感覚はあったのですが、
ただそれ以上にこれから先ずっとAmazonにビクビクしながら作業すんのは長期的には不安だなと。

プラットフォームに振り回される自分に明るい未来が見えませんでした。

 

それを機に僕はなるべく依存しないように
ビジネスの戦略を変えていくわけなんですが。

 

で、YouTubeの話に戻しますね。

 

さっき上級者でもわからないくらい混乱してるから2ヶ月くらい待とうねっていう話が出て来た時に僕は単純にこう思いました。

「いやそれ2ヶ月で解決できる問題ではないよね、一生つきまとう問題だよね」と。

 

確かに2ヶ月後かにはある程度の答えは出るかもしれないけど、
どうせまたすぐに同じような問題が起きるのは明らかです。

だってこの問題は今に始まったことじゃなくて、
僕がビジネスする前もずっとプラットフォーム依存との戦いは続いてますから。

 

Amazonも僕がせどり始めた2年前よりかは
状況がかなり変わっていて厳しくなっています。

 

それは参入してる人が増えてるのもあるでしょうが、
Amazonの規制も明らかに厳しくなってます。

今は家電とかでソニーとかパナソニックなどの大手の商品を
出品するのも簡単ではなくなってます。

 

だからと言ってもう稼げないなんていう極論言うつもりはありませんが、
じゃあこう言う状況の中でどうしていくべきかは頭の中に入れておくべきです。

 

動画ではそのどうしていくべきか?について詳しく話したので、
ぜひ見てください。

ではでは。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<