成果を出してる人の「簡単」「楽勝」発言とかを真に受けると意外と地獄を見る

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

【成果を出してる人の「簡単」「楽勝」発言とかを真に受けると意外と地獄を見る】

Twitter、YouTube、note、Tiktok
毎日頑張ってるけど結果が出ない。でも上手くいってる人をみると自分にもできると思ってしまう。
こんな悩みは山ほど相談受けるが、いざどれどれとその人の発信を見ると、、、

よくそれで頑張ってると言えるなと思うことが正直多々ある。
ただこれ実際仕方ない場合が多く、ほとんどが成果を出すための原則を知らずに運用していて、ペダルは漕ぐがタイヤパンクしてるから前に進まない、みたいな努力の浪費が発生してる。
この場合正しい原則を仕入れればOK、すぐに軌道乗る

しかし正しい知識を仕入れても上手くいかない人も多く、その人たちは基準値が低いまま仕事してる。いわゆるマインドってやつ。どんないいノウハウもマインドが低ければ全てを無にするといっても過言ではない。

これは、世にはびこる発信者の責任も大きい、なぜならこの手法さえ知れば簡単だと発信し注目を集めてる場合が多いから。その方が儲かるから。集客できるから。ファンが増えるから。感謝されるから。尊敬されるから。いいことづくめなのだ。

でもそれは半分本当で半分嘘、その発信者にとっては簡単ではあるかもだけど、その簡単なフォーマットを実践して自分の血肉にしてゼロから習得するには時間もかかるし作業量がある程度ものいう世界だからだ。

もちろん無知なままよりかはマシだが、発信者が簡単だと言えるようになるまでは、それなりに仕事をし実践してきたから自信を持って言えるのであって、その発信者の知識を軽くかじっただけでは実力はつかない。仕事の無駄がちょっと減っただけに過ぎない。

だから成果を出してる人の簡単、余裕、楽勝発言とかを真に受けると意外と地獄を見る。
基準値やマインドが下のままだとどんな上質な知識もゴミになりかねない。泥臭く実践してなんぼ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<