無印良品とマニュアル化と自己管理

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

どうも、しょーへいです。

 

 

今日はですね、無印良品と仕組みについて話していこうと思います。

無印良品は、「無印良品は仕組みが9割」という本を出すぐらい経営を仕組み化することに特化しています。

 

 

 

ちょうど僕が情報発信してる内容と多々重なる部分があったので、
詳しく見ていきますね。

 

無印良品はまずマニュアルの量が半端ないです。
なんとその量は2000ページ以上にも及ぶとか。

 

内容は売り場の配置とか発注とか接客とか店舗運営の全てが集約されてるらしいです。

 

 

しかもそのマニュアルは常に最適化するために今でも毎月更新されてるそうです。
恐るべし無印良品。

 

よくマニュアルというとクリエイティビティがないから

応用できなくて使い物にならないなんていう人がいるけど、

 

無印良品は常にマニュアルをアップデートすることで使えるマニュアルにしてるから心配ないですね。

 

で、そもそもこんなに膨大なマニュアルを導入するきっかけになったのは
それぞれの店舗で店のやり方が統一されてなくて、
他の店舗に店長がヘルプに行った時にやり方が違うことでトラブルになったからだそうです。

 

 

確かに店舗ごとに基準が違えば現場は混乱しますよね。
それは困るし、売上も安定しなくなります。

 

それにその場を仕切ってるスタッフが辞めてしまったら
また店の雰囲気がガラッと変わってしまうなんてこともある。

そんな不安定な店舗運営じゃ結果はなかなか出ません。

 

 

だからマニュアルを作ることで今までバラバラだった基準をまずは「標準化」
そして新入りのバイトでも実践できるように「見える化」したわけです。

 

そうするとどの店舗でも成果が現れるようになって、
業績はかなり良くなったそうです。

やはり仕組み化の考え方は超大事ですね。

 

 

で、これってもちろん外注化するにあたってもマニュアルは必要不可欠だし、
僕も外注さんの教育はマニュアルでほぼ自動化してます。

 

非常に楽です。

 

 

でも外注さんの管理以上に僕が大事だと思うのは自己管理。
これネットビジネスで作業してる人は永遠の課題なんじゃないかなとw

なんかだるい、なんか調子わるい、なんかやる気でない。
だから今日はほどほどにして寝よう。

 

僕もこんなこと何度もありましたよw

 

 

でもそれって自分が頑張る才能がないとかそんなわけは全くなくて、
むしろほとんどの人はやる気がある日なんてない日より少ないはずです。

 

じゃあどうすればいいのかというと、
自分の日々のパフォーマンスを安定させるために
自分の生活をマニュアル化して仕舞えばいいんです。

 

 

毎日作業やらなかったり、やったりでばらつきがあるのは
自分が今何をやるべきか明確になってない場合が多いです。

 

だから何しようかなと悩んでる間に時間と体力消耗して、
ダラダラしちゃうわけです。

 

 

じゃなくて1日の初めか前日の寝る前に今日1日はこれとこれとこれをやろう!って決めるんです。
そしてメモに書くと効果は抜群に上がります。

 

そうすると1日のやるべきことの基準ができて、また可視化されることで
日々の作業がスムーズに行えます。

 

 

あとは今日絶対やらなきゃいけないことは僕は朝起きてすぐやったりしますね。
1番頭が冴えていて集中するし、達成するとかなり気が楽になるので。

 

というわけで今日は無印良品がマニュアルで成功した事例から
自分の生活もマニュアル化していこうという話でした。

 

 

ありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<