どうも、しょーへいです。

 

 

今日はネットビジネスやっててよかったなと心から思える出来事が2つあったので
それについて話していこうかなと思います。

 

 

もしかすると1つが1つが長くなってしまうかもしれないので、
2記事に分けるかもしれませんが

それは書きながら考えていこうと思います。

 

 

で、なんで僕がネットビジネスやっててよかったなとつくづく感じたのかというと
後で詳しく話しますが、

 

 

僕のネットビジネスで培ったスキルを必要としてくれる人がかなり多いなと気付いたからです。
今日はネットビジネスでは当たり前とも言えるスキルでも
一般の人からしたらそれはかなり特殊なスキルなんだなと痛感しましたね。

 

 

例えば

ブログを作ったり
YouTubeで動画を撮ることであったり
Twitterを使って集客をすることだったり
メルマガを配信することだったり

 

 

僕からしたら今はそこまでたいしたことではないのですが、
普通にネットビジネスに関わりがない人にとっては
異次元に見えるスキルかもしれませんね。

 

 

僕も昔は何一つできなくてかなりハードルの高いものに感じましたが
今ではへっちゃらですね。

慣れれば基本は何でもいけます。やったもん勝ちです。

 

 

動画なんて最初は何喋っていいかわからず
口をモゴモゴさせながら何言ってるかわからないクソ動画が出来上がりましたが、

今では僕の動画を見てくれてブログを作ってネットビジネスをやり始めた人がいます。

 

 

昔の自分とは比べ物にならないほど成長しましたね。

 

 

というわけで前置きが長くなってしまいましたが、
早速本題に入ろうと思います。

 

 

今日はテアテマンドールと呼ばれる整体に行ってきました。
ちなみにテアテマンドールとググってもらえるとわかるのですが、
めちゃくちゃ胡散臭いですw
ホームページが何年前のものですか?って突っ込みたくなるぐらい古くて見づらいですw

 

 

僕はこれを見て無性に直してあげたくなりましたね。
だってそれだけで印象めっちゃ良くなりますもん。

 

 

まぁそれは置いといて。。。
で、なんで僕がこんな整体に通ってるのかというと
乾癬というちょっとした難病を抱えていまして
西洋医学では全く太刀打ちできないから通い始めました。

 

 

要するに薬を使っても全く完治はしないということです。

実際に僕は転々とたくさんの病院をまわりましたが、
どこに行っても治りませんの一点張り。

 

 

症状は全身が真っ赤っかになるほど見た目はひどいことになるのですが、
乾癬は死なないし伝染もしないので、あまり研究が進んでないとか。。。

 

 

とにかく乾癬は原因不明の難病として日本でも10万人が苦しんでると言われます。
欧米では100人に1人がかかるほどメジャーなものなんです。

 

 

で、僕は完治はしないけど症状を抑えるためにステロイドを多用してました。

ステロイドは完全に毒なんですけどね。でもやっちゃってたんです。
治療法がないから仕方なく惰性で使ってました。

 

 

症状は収まってるように見えるのですが体にはかなりの負担がかかります。
ってかぶっちゃけステロイドやばいという認識が弱かったです。
で、治療法もなく未来の希望を失いかけた時テアテマンドールという整体に出会いました。

 

 

めちゃくちゃ胡散臭いのですが、
ネットビジネスやってたおかげでそういうのがある意味平気になりましたw
それに一見胡散臭いのですが言ってることは非常に信頼できたんですよね。

 

 

見かけはアレでしたが中身は信用できそうだったので、
施術を受けることにしました。

 

 

1番最初に受けたのは昨日の話です。

 

 

最初は整体に加えて食事療法について詳しく聞きたかったので
家族と一緒に行きました。

 

 

薬に頼らないで治療するとなると食生活に気をつけるのはマストなんで
どうしても家族の協力が必要になってきますからね。
で、早速施術がはじまりました。

 

 

ちなみにその整体の先生はおじいちゃんなのですが
めちゃくちゃ仙人っぽい風格がありますw
なんかわからないけど、僕の中では期待感マックスですw

 

 

そしていきなり左手を見せろと言われ差し出したら
1秒も経たないうちに全てを悟ったような顔をされました。

 

 

「君は肝臓が悪いね」

 

 

この瞬間先生やべーと思ったよね。
手を一瞬見ただけでそこまでわかるんかい!とビビりました。

 

 

どうやら僕は肝臓とすい臓の機能が低下してるらしく
症状がひどくなってしまってるようです。
そして整体は本格的に始まっていきます。

 

 

これがマジで痛いんです。
痛てぇっーー!!
ああアァァァッァァァッ!!!!

 

 

とか普段は出ない声が出まくりです。
外から見ると全然強く押されてないのに
コリの部分にしっかり入ってるので激痛が走るんです。

 

 

僕はパソコンで仕事することが多いのもあり体がガッチガチらしく

お前の体60代のジジイと変わらんよと先生にケチョンケチョンにされました。

 

 

でもマジで泣きたくなるぐらい痛かったです。
先生曰く相撲取りの人でも号泣したらしいです。

 

 

それからはどういった食事をとるべきかとるべきではないかとかを
僕のことを痛みで悶絶させながら先生は淡々と話してくれました。

 

 

ちょっとだけ紹介すると

まず糖分は控えたほうがいいというのはかなり言われましたね。

 

 

肝臓に悪影響を及ぼすそうです。
だから僕は今甘いもの厳禁です。

 

 

甘いものは麻薬だとすら言ってましたからね。
甘いものと言ってもたくさんあって僕が知らないうちに摂取しまくってたのが

 

スポーツドリンク。

 

 

僕はこれ部活でガブガブ飲みまくってました。
スポーツドリンクの何が危険かというと糖分もさることながら
体内吸収力が圧倒的に早いんですよね。

 

 

それが結果的に肝臓に大きな負担を与えるそうです。
結構スポーツドリンクで死んじゃう学生とかもいるそうです。

 

 

僕はデザートとかあまり食べないので大丈夫かなと思ってたのですが
全然これに関してはダメでしたね。

 

 

あとは家庭の料理の味付けが甘めだと危険らしいです。

 

 

みりんと砂糖は極力使わないのが吉だそうです。
で、それから肝臓の悪い僕にすすめられたのがしじみエキスというもの。

 

 

これかなり評判いいらしいので今日買ったのですが
試してみてよかったらこのブログでレビューします。

 

 

それからそもそも僕が肝臓こんなに悪いのは姿勢が悪いからだそうです。

 

 

原因は猫背でした。

首が完全にずれてしまって脳からの情報伝達が不十分で機能が低下してるようです。
この姿勢に関しても話すと長くなってしまいますのでまた別の機会に。

 

 

いやーそれにしても首の施術が一番痛くて声を張り上げましたねw
やばいやばい。話が逸れまくってる。

ちなみに僕が何で痛みに悶絶してたのに話の内容を覚えまくってるのかというと

 

 

ボイスレコーダーで録ってたからです。
人って絶対に一度聞いても必ず忘れるので
特にこういった貴重な話は音声とるのがマストです。

 

 

もちろん許可取りましたけどね。
先生にもそういう積極的なやつ好きだよ!
となかなか好印象をもらえました。

 

 

これでかなり信頼関係を築けた気がします。
あ、こいつは勉強熱心なやつなんだなと思ってもらえることで
色々と包み隠さず教えてもらえるようになりましたから。

 

 

聞きたいこと何でも聞きなよ!と言ってもらったり
後はまだ出版してない本を特別に頂いたり
出血大サービスをしてくれましたね。

 

 

音声とっていいですか?とオファーしただけでかなり
お互いの信頼関係が短時間で固くなった気がします

 

 

オファーは無料なんで改めて積極的にやるべきだなと痛感しました。
自分の体を預けるわけですから信頼できないような人の治療なんか受けたくないですもん。

 

 

で、昨日はここら辺まででした。

実は最初は3日間連続で治療した方が効果的だということで
昨日が初日で、今日はその2日目だったんです。

 

 

というわけでここからやっと今日の話です。

 

先ほども言ったようにかなり信頼関係ができていたのと、
初日で治療に関してはかなり話していたので、
今日の話題は先生の個人的な話が中心になりました。

 

 

個人的な話は何かと言うと先生の野望みたいなものですね。

 

 

冒頭でも話したように西洋医学では乾癬には太刀打ちできないのですが、
それでも多くの人が西洋医学で治そうとしています。
先程言ったステロイドでその場しのぎをする人が多いんです。

 

 

またこれは本当に医者はひどいことするなと思ったのが、
実は乾癬の人が集うコミュニティが日本にはあるらしく

 

 

そこでは乾癬患者さんが集まってるそうなのですが
ここが皮膚科にとって絶好の勧誘ポイントになってるそうです。

 

 

ようは治せないくせにうちでは乾癬改善できますよーとか
適当なこといって患者を囲い込んでるらしいのです。

これを聞いて正直僕は失望しましたね。

 

 

本当に治したい人たちに対して金儲けのことしか考えてないとか
残念でならないです。

 

 

確かに治らない病気の人を獲得してしまえば
一生自分の病院に通ってくれるし、さらに薬使えばどんどん依存するのは明らかです。

 

 

でも人としてどうなのかと正直思ってしまいました。

 

 

で、そういった現状を見て先生は変えたいと思ったわけですよ。

 

 

ちなみに先生の実績は確かにすごくて半年〜8ヶ月ぐらいあれば
9割の症状は消すことができるとおっしゃっていましたし
証拠もたくさん見せてもらいました。

 

 

そしてお客さんは日本人に限らず世界中の人を相手してるそうです。

イギリス、フランス、フィリピンなどなど挙げればきりがないです。

 

 

そして何よりも僕が大きな希望をもらいました。

 

 

今までどの病院に行っても治らない病気だと言われ
症状がどんどん悪化していく日々。。。

 

 

漢方も飲んでみましたが体質改善なんてものはそう簡単に結果が出るものでもなく
なかなか僕は飲んでても不安で仕方がなかったです。

 

 

僕はそんな不安と10年ほど付き合っていました。
そんな中でも先生はこんなこと言ってくれたんです。

 

 

「君の症状は俺が見てきた中でも100が1番ひどいとしたら30くらいだよ。」と
確かに僕を安心させてくれるためのものでオーバーに言ってるだけかもしれません。

 

 

でも僕は勇気をもらいました。
僕はその言葉に大きな価値を感じたのです。

 

 

それと同時に僕と同じような苦しみを抱えてる人にこの人の存在を教えなくては!と
使命感に似たようなものが湧き上がってきました。

 

 

そして先生の野望なんですが、

簡単に言うと先生の治療法を多くの人に知ってもらいたい、そしてたくさんの人を救いたい。

 

 

そのために論文を発表したり研究所を作りたいそうなのですが、
なんせ時間とお金が足りないそうなんです。

 

 

まず時間に関しては先生を頼りに全国いや全世界からオファーが来てるわけですから
非常に大変です。

 

 

一応お弟子さんが何人かいらっしゃって負担は少なくなってきたようですがまだ飛び回ってるそうです。
それからお金に関しては料金が本当に安いんですよ。

 

 

僕が学生というのもありますが、たったの5000円。
先生コスパ半端無いです。。。。。

 

 

先生はお金は確かに大事だけど、
それで料金を釣り上げて施術のハードルを上げることには反対という考え方なんですよね。

 

 

で、僕はまたもやオファーしました。

「自分にも何かできることないですか!?」

 

 

僕だったらネットビジネスのスキルを活かして多くの人に
先生の存在を認知してもらい信用してもらうことは可能です。

 

 

先生はインターネットに関しては少し疎いようなので
必ず力になれるはずなんです。いや力になります。

 

 

僕が学んだことをサイトにして乾癬に苦しんでる人を集客できれば
多くの人が救えます。

 

 

と、言ったら先生も喜んで一緒に頑張ろうと言っていただきました。
ネットでは乾癬の情報はかなり錯綜しています。

 

 

どれが正しいか正しくないのか見極めが厳しいです。
原因が不明と散々言われてますしね。

 

 

でもそれ以前にそもそもちゃんと詳しくサイトを作ってる人が少ないのが現状です。
僕もネットでたくさん調べてたからわかるのですが、
雑なサイトが多い印象があってこれじゃ満足度は低いなと思わざるをえません。

 

 

だからこそ僕は今ネットビジネスの知識があって本当によかったなとつくづく思ってます。
だって何も知らなかったらどうやって先生に貢献できたでしょうか?

 

 

インターネットをちゃんと使いこなすことができることで
ちゃんと世の中に広まるべき人だったりを伝えることができるのです。

 

 

僕は日本に限らず世界にも発信したいですね。
そう思うとワクワクが止まらないです。
明日も先生のところに行くので、このブログ見てもらおうかなw

 

 

また何かこの話に進展があったらこのブログで発信したいなと思います。

 

 

えーと気づいたらすごく長くなってしまったので、
もう1つのエピソードは別の記事に書きます。

 

 

オチとしてはこの話と全く同じなのですが、
ただ書きたいですw

 

 

とにかく今日は何か不思議な1日だったなー
ネットビジネスやっててよかった。

 

 

ではでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。


<オススメ記事>
逆算思考とネットビジネス〜アメリカは未来、日本は過去〜


【下記画像をクリックして、現役慶應生しょーへいがビジネスで生きていくと決めた理由をチェック!】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<