どうも、しょーへいです!

 

 

なんとですねーこの記事で僕のブログは100記事突破しました!!

やっばい!!超嬉しいwwww

 

ふとワードプレスの投稿画面を見たらちょうど100記事だったのでビビりましたw

 

 

いやーでも正直信じられないなー

このブログ始めたのは今調べたら12/9だったんですけど、当時は100記事書くなんて想像できてないよ。

 

 

しかも半年だからね。

1ヶ月16記事ぐらいのペースだから、2日に1回は記事書いてるとか驚いたわw

 

 

まぁ確かに毎日書いてる時期も多々ありましたからねー

ただ昔の記事のクオリティは本当お察しレベルなので、あれですけど。

 

でも量は質に転化するというのを証明できたんじゃないかなと思います。

もちろん闇雲にただただ量を書いてたわけじゃないけど、でも文章上手くなるには量書くしかない。

 

 

僕もまだまだ文章上手くならなきゃだけど、

最近は文章うまいとかブログおもしろいと言ってくれる人もいるので、素直に嬉しいです!

 

 

で、今日はですね今までの半年間をただただ振り返ろうかなと思います。

なんというか正直100記事も書いた実感がしないので、確認の意味も込めてw

 

 

というわけでまずは1記事目。
ネットビジネス初心者必見!「ネットビジネスって簡単なの?」

 

正直な感想言いますね。クソつまんねーよwwwwwwwww

でもでも確か僕はこの記事にほぼ1日を費やしてるはずです

 

 

書いては消して書いては消してを繰り返してましたねー

はい完全なる完璧主義発動です。

 

 

僕はとにかく文章書くのが嫌いだった。

そもそもこのブログを書くきっかけは師匠からの命令でしたね。

 

 

とにかく書かないと文章上手くならないし、書けと言った感じです。

 

 

それで最初は他のじビジネス仲間と4人でチームを組んで毎日記事をスカイプに提出し、

他人の記事を添削し通話しながらディスカッションする。

 

 

ちなみにこのルールを守れなかった場合は破門です。

恐怖でしかない。

 

 

しかもこれ毎日夜中の3時までやってましたからね。

最初はとにかくきつかったなー

 

 

何度も言いますけど、文章書くの大っ嫌いなんですよ!

なのに毎日1記事書かないといけない。

 

 

書かないと周りの人に当然迷惑をかけますからね。

僕が最初の1ヶ月くらいブログ毎日かけたのは恐怖のおかげです。

 

 

やはり恐怖が1番行動を促しますね。

いわゆるコンフォートゾーンと呼ばれる自分が快適だと思える場所にいる間は成長しないです。

 

 

自分に負荷をかけて危機感持ってやらないと爆発的には成長しないです。

だから僕は今考えるとこのチームには感謝しかありません。

 

 

これがなかったら今の僕は絶対にありえない。

そしてメンバーの中で1番このしんどい企画の恩恵を受けたのも僕な気がします。

 

 

それぐらいコミットしました。

だってすごく嫌だったから。

嫌だからこそやるべき事だと思いました。

 

 

毎日恐怖を感じながらブログのこと考えると常に吐き気がするぐらいだった。

だけどもだからこそ自分には必要な事だと思って必死になった。

 

 

本当その時心折れなかった自分には超絶感謝したい。

 

今話した事はここでガッツリ書いてましたね。これちょうどクリスマスです。
ブログの添削を2週間続けてひしひしと感じたこと

 

 

そういや去年は気付いたらクリスマスで正月も知らないうちに来て、

とにかく季節を感じる余裕はなかった覚えがありますw

 

そのくらい必死に毎日書いてたのが最初の1ヶ月です。

 

あと年末年始は動画10本撮って毎日1記事書くのを1週間続けてたのは我ながら頑張ったw

まぁ質は相当ヤバいですけどねー

 

 

でも動画1週間やったあたりからアウトプットの成果が出たのと自信がついたので、

ブログ毎日書くことに恐怖することはなくなったかなと。

 

まぁ慣れですね。さすがに1ヶ月やれば慣れます。

 

 

ただ慣れは良い面もあれば悪い面もあります。

マンネリしてしまうんですよね。

 

 

年明けからはさすがに毎日やると体調壊したりも多かったので、週3ぐらいに添削は変わりました。

でも文章って毎日書かなくなるとどんどん下手になるんですよ。

 

あとは当時はネタを探すのに苦戦してましたね。

 

最初は自分の過去からとかネタ拾えるんですけど、だんだんそれも厳しくなるから

日常からネタを引っ張ってこないといけない。

 

こればっかりはただ毎日文章書いてるだけじゃ身につかない。

 

 

ちゃんとパソコンの前にいるときだけじゃなくて

風呂入ってる時、電車乗ってる時、トイレの時も常に思考してないと

ブログのネタ切れを引き起こします。

 

この壁は大きかったなー

まぁ今もその壁と格闘してるけど、昔よりかはかなりマシでしょ。

最近のブログ見れば個人的にはそう思えます。

 

 

まぁまだまだな部分が多いけど、伸びしろがもっとあるってこと。

ってか今日の文章はひとりごとって感じだw

 

たまにはこういうのもアリってことでw

 

 

それから2月はとにかく体調崩してて下痢や便秘のことばっか記事にしてたw

ちなみに他のビジネス仲間も下痢してたし、なんか連鎖してたな。

まぁこれに関してはどうでもいいや。

 

 

で、2月の後半からまた師匠から命令ですね。

「最近たるんどるんちゃうん?毎日5000字書けやw」って感じです。

 

 

確かにこの時は春休みだったけど、たるんでた。

記事もマンネリしてて成長してなかった。

 

 

で、毎日5000とか最初は気失いそうになりましたよw

当時は2000で結構書いてたつもりでしたからねー

 

そしてここで最強の集中法を僕は編み出すわけで、

ようは電車の中でずっとブログ書いてました。

 

この企画は確か2週間限定でしたが、かなり力つきましたね。

ちょうどこの時期は1記事で5000字とか普通に書いてましたもん。

 

 

まぁ読む側からしたら結構きついかもだけど、

でもこの時の記事は個人的には好きなやつ多いかな。

 

 

なんか必死に字数を伸ばしてる感がすごいけどね。

1番鬼気迫る感じが記事に出てる。

 

 

例えばこれとか評判良かったですね。
寝たら終わりだということで、深夜4時からデニーズで思いのまま書きなぐりました

 

 

今読んだけど臨場感半端ねぇええええええwww

これは師匠のスカイプで寝るんじゃねぇみたいなこと言われて

興奮しながら書きなぐってたような覚えがあります。

 

 

アドレナリンだけで書いた記事です。気力オンリーですw

でもこういう記事はやっぱ綺麗じゃないけど、感情乗ってるから心動かされますわな。

 

 

こういう系最近書いてないからなんかあった時書きたい。

この記事は久しぶりに自分の思ったことだだ漏れさせてるだけだから若干近いかな。

 

で5000字2週間チャレンジが終わったら今度は脱獄のレビューとか人気記事とか

プロフィールとかおすすめ本とかを投入していったのかな。

 

 

この時は確か添削も週1回でライティングに費やす時間が減ってしまったなと。

あ、でもその分メルマガを書きまくってたわ。

 

 

だからまぁいわゆる仕組みづくりに没頭してたわけです。

 

ブログも週1回ペースだからんネタには困らんだろと思ってたけど、

やっぱり書かなくなるとマンネリ化してアウトプットの質も悪くなる。

 

 

それでまたこのままじゃダメだということで5月の15日から毎日メルマガが始まって

あと1週間で1ヶ月達成することになるのかー

 

 

意外と早かったなぁ。

今振り返ってみると毎日メルマガもサクサク書いてるとはいえ結構書いてる。

 

 

最初は1000字いかなくても続ければいいやぐらいの気持ちだったけど、

なんだかんだ1500字とか流れとかノリで書いちゃってる。

 

この記事ももう3000字を超えたw

 

 

まぁでもとにかくこれまでブログ続けられて本当良かった!

今日はこれが1番言いたい!

 

 

文章力が上がったとか抽象と具体の行き来がうまくなったとか

タイピングが早くなったとか色々上達した部分は大きいけど、

 

何よりもちゃんと100記事継続した自分をまずは褒めてやりたい。

もちろんこんなことで満足してる場合じゃないけど。

 

半年前の自分からしたら信じられないと思う。

でもそれはコツコツ積み重ねてきたおかげ。

 

 

1つの成功体験として僕はここまで頑張れて嬉しい。

でも満足はしてない。

 

まだまだやることはたくさんあるし、もっと文章は上手くなれる自信がある。

今半年前の記事を見てクソつまんねーなと思うように。

 

また半年後僕はどのぐらい記事を書いてるかわかんないけど、

ただ1つ僕の願いは昔の自分の記事をケチョンケチョンにけなしてやるだけ。

 

 

そのぐらい成長してなきゃダメだね、うん。

これからも精進していこう。

 

というわけで今回はなんか独り言というか想いのままに書いてみました。

ブログ100記事自分で書くとなんか嬉しいし自信つくよという話でした。

 

ありがとうございました!


<オススメ記事>
逆算思考とネットビジネス〜アメリカは未来、日本は過去〜


【下記画像をクリックして、現役慶應生しょーへいがビジネスで生きていくと決めた理由をチェック!】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<