逆算思考とネットビジネス〜アメリカは未来、日本は過去〜

どうも、しょーへいです。

 

 

今日はですね、日本とアメリカの教育方針の違いから思うところがあったので、それについて。

結論から言うとアメリカ式の考え方も取り入れたほうが絶対にいいよという話です。

 

 

そしてネットビジネスとこの考え方を組み合わせると最強です。

自分の思い通りの人生を生きることができるようになります。

 

 

じゃあその考え方とは一体なんなのか?

これから具体的に説明していきます。

 

 

 

今回のタイトルにアメリカは未来、日本は過去と書いたのですが、

これはどういう意味かというと子供を教育するときに重要視する時間軸です。

 

 

アメリカは子供に自分で未来をデザインしていくことを意識させて、

反対に日本は過去から学んでふさわしい人格を身につけさせようとします。

 

 

例えばアメリカではフューチャースタディーズというものがあって、

自分がどういう未来を創っていくか具体的に考える授業が多いです。

 

 

・自分はどういう職につき社会貢献するのか?
・結婚は誰と何歳でして子供は何人作るか?
・将来はどこのどのような家に住むのか?
・どんな趣味で自分の人生を豊かにするのか?
・自分の人生の最期はどう迎えるのか?

 

 

めっちゃ具体的ですよね。
こんなの小学生とか日本じゃ絶対に考えませんよ。

 

 

日本じゃとりあえず将来の夢は何?と子供の頃から聞かれる場面が多々ありますが、

少なくとも僕はプロスポーツ選手とか漠然としたものしか答えられませんでしたね。

 

他の友達もほとんどパイロットとかケーキ屋さん、お花屋さんとかそんなもんです。

アメリカとは全然違います。

 

 

アメリカでは自分の理想の未来を具体的に設定することで、

そこから自分が今何をすべきかというところまで落とし込みます。

 

 

 

これは要は逆算思考というものです。
ゴールから逆算して自分が今やるべきことを決める考え方です。

 

 

 

例えば5年後の理想の自分を設定したら、

次は3年後その理想にたどり着くためにはどうすればいいか、まず考えます。

 

そしたら次は1年後、半年後、3ヶ月後、1ヶ月後とそれぞれどういった段階を踏んでいけば、

5年後に理想の自分になれるのかを細分化して目標を立てていきます。

 

 

 

人は目標が具体的であればあるほど、行動に移しやすくなります。

 

 

「今日はダラダラしちゃったから、明日頑張ろう」じゃ僕は頑張れません。

 

じゃあどうするかというと、

「今日はダラダラしちゃったから、明日は7時に起きて午前中にこの間見た映画についてブログ書こう。」

と、やることを具体的にします。

 

 

 

僕はこうでもしないと何をやればいいか考えるだけで迷って、エネルギーを使い果たして、

疲れ切って何もできずに1日を無駄にするので、迷わないためにやることを具体的にします。

 

 

 

で、いま話した未来から逆算する考え方とは反対に日本は過去から学びます。
日本では昔話とか神話から価値観を採用して人格を作り上げていきます。

 

 

例えば桃太郎に金太郎に浦島太郎は日本人なら誰でも知ってますよね。

そして某携帯会社のCMでこの三太郎をモチーフにしたものが大人気です。
それほどまでに日本人の道徳や価値観の根底には昔話や神話が影響してるのだと思います。

 

 

で、今まで話してきた2つの考え方はどちらも間違いではないです。

 

 

 

例えばものづくりの観点から見るとこの未来と過去の2つの考え方の違いはわかりやすいです。

 

アメリカのAppleのiPhoneはまさに未来をデザインしたプロダクトです。

シンプルな操作でiPhoneを通して新しいライフスタイルを提案しました。

 

 

今や日本の電車内ではみんなスマホをいじってますし、その影響力は絶大です。

 

iPhoneはお客さんが欲しいと言ったから生まれたわけではありません。

 

 

お客さんが気付いてない潜在的な需要を見抜き、未来の生活に必要不可欠になる商品を創造し、

「そうだよ!こういうのが欲しかったんだよ!」と世界中を熱狂させました。

 

 

対して日本のものづくりは過去から学ぶことが上手です。

 

 

日本の車は外車に比べて燃費がいいとか安全性が高いとか

元々ある商品の質を極限まで改善する技術に長けています。

今ある商品をよりよくするためにはどうすればいいかを常に考えています。

 

 

これはつまり時間軸の目線が過去を向いてると言えます。

 

 

まとめると、

アメリカは未来から逆算して商品を「創造」して、

日本は過去を踏まえて商品を「改善」します。

 

 

 

僕はどっちが良くてどっちが悪いか言いたいわけではありません。

どちらの目線も器用に使い分けるのがベストだと思います。

 

 

 

未来から逆算して自分がいま何すべきか考えることも、

過去を踏まえて考えることもどちらも重要な視点です。

 

 

 

ただ日本人というか僕に圧倒的に足りなかったのは、

未来を自分の手で決めてやるんだという意識でした。

 

僕は未来は自分で決めるものじゃなくてただただ流れてくるものだと思ってたんですよね。

 

 

 

いや厳密に言うと未来とか不確定要素多すぎて、

コントロールできねーだろと思って何も考えてませんでした。

 

 

とりあえず今を一生懸命生きることが、

理想の未来に必ずやつながるだろうと淡い期待を寄せていました。

 

つまり逆算思考が全くなかったのです。

 

 

 

僕は以前まで逆算思考を全く知らなくても平気で生きてました。
でも今の僕からしたら昔の自分に「お前人生なめてんのか?」

と、言ってやりたいぐらいです。

 

 

僕は受験勉強してる時、ただなんとなくの気持ちで

無目的に無思考に学校から出される課題やら自習などしていました。

 

とりあえずやっておけば将来いいことあるだろと何の根拠もなくただただ勉強してました。

 

 

志望校はもちろんありました。
あったけど、それは本当に建前で模試受ける時に志望校書かなきゃいけないからとりあえず決めるか。

みたいな感じで受動的に決められたものです。

 

 

そこに思い入れとかは全くありません。
でも先生から言われたことをやってれば損しないだろと思ってたから黙々と目の前のことをこなしました。

 

 

 

でもある時からふとこんな疑問が頭をよぎり僕は悩み苦しみ始めます。

「あれ俺何のために勉強してるんだっけ?」

 

 

 

僕の頭には何も理想の未来が想定されてないから僕はこの質問に答えられませんでした。

お先真っ暗のトンネルです。

 

 

そこからは僕はストレスを抱えます。
与えられたものを言われた通りに無抵抗に従う人生をただただ生きてて意味あんのかよ?」と。

 

 

そこで僕は時間が流れてくるのを待つんじゃなくて、

自分で未来を決めようじゃないかという発想になったのです。

 

 

僕は生まれ変わりました。ただ同時に大きな壁にもぶち当たりました。

それは何かというと、やりたいこともやるべきことも見つからないのです。

 

 

今まで何も考えずに生きてたからバチが当たりましたね。

これまでの自分が受動的すぎて情けなかったです。

 

 

 

それからは上手いこといかずに友達と遊んだり飲み会に行って気を適当に紛らわして時間とお金を浪費する。

何の成長もしないし、刺激も全く無い日々をのうのうと繰り返してました。

 

これじゃダメだとわかっててもどうにもならない毎日でした。

 

 

でもそんなときに出会ったネットビジネスが僕の中では革命でした。

 

ビジネスをやって稼いでる人は誰もが自由を謳歌して、

それぞれがやりたいことを好きなだけやってる姿に感動しました。

 

 

なんだこの世界は?と度肝を抜かれたのを未だに鮮明に覚えています。

 

 

 

 

で、僕はネットビジネスこそ自分の未来をデザインできる最強のツール

だと最近実感します。

 

ネットビジネスをやれば思い通りの人生を選択できるということです。

 

 

 

今思えば僕がやりたいこともやるべきことも見つからなかったのは、

自分が想像できる未来の可能性が狭すぎて窮屈に思えたからです。

 

 

未来を想像してはみるものの、大学卒業して就職してずっと安定して働き続けられればいい方で、

今のご時世いつ会社をクビになってもおかしくないし、倒産してもおかしくないです。

 

 

 

こんな状況下で自分は何をすればいいかなんて考えても無力です。

会社で働くことに依存してるから自分で未来をデザインできないのです。

 

僕の想像力は縛られていたから希望が全く持てませんでした。

 

 

 

でもネットビジネスの存在を知ってからは可能性は際限なく広がりました

ちゃんと不労所得の仕組みを作ってお金も時間も制約がなくなれば自分で生き方を選べます。

 

 

 

そしてそんな自分の生き方を自由自在に選べてしまうツールが、

誰でも簡単に手に取ることができます。

 

 

ネットビジネスはお金はかからないし、

どこでも作業できるしプロアスリートみたいに才能とか特別なスキルも必要ないです。

 

すばらしい時代に巡り会えたなと思います。

 

 

僕は早いうちにネットビジネスと出会って本当に運が良かったです。

 

ビジネスやってると自信がついてメンタル面もかなり充実します。

最近は人に教える機会が多くなり、感謝されることも多くなりました。

 

 

 

他人のコンテンツを2、3秒見ただけで問題点が見えちゃうし、

解決策もすぐに言語化してアドバイスしてみると、

そのまま実践してもらうだけで相手の方も見違えるように成長するのですごく満足してもらえます。

 

 

 

これも僕が毎日正しい知識に基づいて人に教えたり動画や文章でアウトプットをし、

思考訓練を繰り返すことでビジネスのあらゆる場面に応用できる、

思考のフレームを手に入れたからに他ならないです。

 

 

 

しかもこれらは消えてなくならずに僕の頭の中で半永久的に富を生み出す資産として残り続けます。

知識に投資することが何よりもコスパがいいなと最近はより強く肌身に感じますね。

 

 

というわけで気づいたら長くなってしまいました。

 

 

 

まとめると、

・アメリカの教育方針は日本とは反対に未来から逆算して自分が何をすべきか考えさせる。

・僕は昔に逆算思考が欠けていて、つまらない人生を送ってきた。

・逆算思考にネットビジネスを掛け合わせることで自分の思い通りに生き方を選択できる。

・知識に投資するのが結局は最強(これは今日の本題ではないですが超重要)

 

 

 

といった感じです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

追伸

記事を書きながら漫画の「ワンピース」で、

あるキャラが相手を完膚なきまでに叩きのめした後に言ってたセリフを思い出しました。

「弱い奴は死に方も選べねぇ。」

 

あー完全に今日話した昔の自分だ。心が痛い。。。笑

死に方も選べねぇ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<