テツandトモの営業戦略からビジネスの思考めっちゃ学べましたわ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、しょーへいです。

 

 

今日はですね、テツandトモさんについてのニュース記事から

ビジネスについて学べるところが多々あったので、紹介していきます。

 

 

テツandトモといえば、なんでだろう〜で一世を風靡した芸人さんで、

高校生以上で知らない人は多分いないんじゃないかと。

 

 

世間的には一発屋と呼ばれていて最近ではテレビで見ることは少なくなっていますが、

実は今は地方の営業であちらこちらへ回っていてめっちゃ忙しいらしんです。

 

 

まぁ確かにあのネタは子供からお年寄りまで楽しめますからね。

 

 

ちなみに僕もテツandトモが営業してるとこ生で見たことありますw

僕が通ってた高校の近くの住宅展示場でなんでだろう〜を熱唱してましたw

 

 

その時も既にテレビでは見ること少なくなってましたが、

実際テレビで見たことある有名人が来るとなるとやっぱり興奮しますねw

 

 

で、彼らは今も全国各地を毎日毎日奔走してるわけです。

それは自治体のイベントだったり、企業のパーティーだったり

様々なジャンルのステージでネタをこなしています。

 

 

しかも与えられた時間は15分やら30分やら1時間やらその場その場で違うし、

ネタも毎回変えて練習もほとんどしないでほぼ即興で披露する。

 

 

やっぱりネタはその地域特有のネタだったり、

会社のあるあるネタが喜ばれるので、毎回担当者の方とのヒアリングは欠かせないそうです。

 

 

例えば、

会社の最寄駅で電車の急行が止まってくれないのなんでだろ〜とか

 

確かにこう言うマニアックなのネタにしてくれたら普通に嬉しいわなw

 

 

逆に愛知に行ったからひつまぶしをネタにするとか

青森に行ったからリンゴをネタにするとかは括りが広すぎて全然盛り上がらないらしい。

 

 

でも毎回新ネタを作るのは大変で、

だってヒアリングとかも本番前の20分しかないというかなりシビアな状況。

 

 

それでもなんとかしてネタを作っていけるのは今まで営業をこなしていく中で

ある程度の鉄板のパターンってのを見つけたのがでかいと言っていました。

 

 

例えば、

会社の業績が好調なのにボーナスもらえないのなんでだろ〜とかねw

 

あとは社員旅行のエピソードとか地域の特産品やらを聞くと、

時間がなくても効率よくネタを作れるみたいです。

 

 

僕はこの記事見てもうこれ僕のメルマガとかブログとかと

やってること同じやんと思ってしまいましたね。

 

 

ようはテツandトモさんはネタ作りにおいて抽象と具体を行き来することで

ネタを短時間で大量に何度も量産していたわけです。

 

 

ネタつくりの流れとしてはテツandトモが今まで営業で蓄積してきたネタの型に

その地域や企業での具体的なあるあるを当てはめる。

 

 

これをずっと延々と繰り返していたわけです。

 

型があるからこそどの場所に行っても面白いネタをいつでも作れて

いつも安定したパフォーマンスをできる。

 

 

だからこそ評判が良くなり次の仕事も呼ばれて、忙しくなる。

特になんでだろ〜はキャッチーだし色んなことに応用できますからね。

 

テレビだと同じネタで飽きられちゃうけど、地域ならネタもマニアックにできるし

営業で活躍する方が向いているコンビです。

 

 

僕も今毎日情報発信してますが、基本的にはテツandトモと変わりません。

 

 

毎日何か面白そうなネタを仕入れてそれを僕が持ってる型に当てはめて

僕の視点で文章を書いていく。

 

たったそれだけです。

 

ぶっちゃけ型と言ってもそんな多くはないですけどね。

僕は基本的に抽象的な部分に関しては同じことばっか言ってます。

 

 

情報発信してると自分への戒めにもなりますね。

例えば自己投資しろって言ってるのに自分もしないわけにはいかないじゃないですかw

 

 

まぁとにかくテツandトモから学べる事は非常に多いです。

 

普通は芸人ってテレビで成功することが良しという価値観がありますが、

彼らは営業で誰にも負けない絶対的な地位を築きました。

 

 

人気の浮き沈みの激しい芸能界でレッドオーシャンで勝負するのではなく、

営業という市場で彼らは引っ張りだこになり市場を制圧したわけです。

 

 

テツandトモをただの一発屋だと思ったらそんな事はなく、

めちゃくちゃ芸人として戦略的で参考になることばかりだなと思いました。

 

 

というわけで今日はテツandトモからビジネスめっちゃ学べたよという話でした。

 

ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<