どうも、しょーへいです。

 

 

最近岡崎体育という人が

YouTubeを席巻しています。

 

どのくらいすごいかというと

きゃりーぱみゅぱみゅよりも何倍も再生されてるくらいです。

 

 

認知度で明らかに劣ってることを考えれば

普通に考えてありえないです。

 

 

 

じゃあなんでこんなことが起きたかというと、

僕は共感とシェアとパロディーの連鎖が大きな要因かなと。

 

 

 

で、これから話していこうと思うんですけど

まずは色々と説明する前にこちらを見てください!

 

 

 

これは岡崎体育さんの「MUSIC VIDEO」という曲の

ミュージックビデオです。

 

内容は見てもらうのが1番早いですが、

簡単にいうとミュージックビデオあるあるを

とにかくリズムに乗せて歌っています。

 

最初はこれなんの歌なんだ???と

若干パニックになりますけど

 

途中の「ミュージックビデオにおける女の子の演出講座」で

めちゃくちゃ共感して笑いますw

 

 

泣かすー踊らすー音楽聴かすー窓にもたれさすー倒れさすー

のリズムが頭の中から離れてくれない中毒性で凝縮されてます。

 

 

で、これ見てもらえればわかるんですけど

絶対に聞いてて共感するんですよね。

 

うわーこのくだり絶対どっかでみたことあるわ。

アイドルは必ずこれやってるよなーとか。

 

 

いつか誰かしらのアーティストのミュージックビデオで

見たことあるなっていう既視感が襲ってきます。

 

 

そして人は共感すると

人間の脳が刺激を受けて面白いと感じます。

 

共感するだけで面白いと感じるのか?と思うかもしれないですが

共感はいってしまえばあるあるネタで

芸人さんとかもやってる人多いですよね。

 

あるある探検隊とかまさにそうです。

(だいぶ例えが古いけどw)

 

 

で、人は面白いものを見つけたら何するのか?というと

絶対にシェアをします

 

ねぇねぇこんなおもしろいものあったんだけど、

見てよーとか聞いてよーみたいな感じです。

 

 

さらに昔だったら口コミとかテレビでしか

面白いものは拡散しなかったんですけど、

今は全く様相が違います。

 

 

代表的なもので言えばTwitterやYouTubeで人気が出たら

一瞬で日本中に拡散します。

 

最近でもPPAPとか恋ダンスは完全に動画から

火がついてネット界隈では誰もが知ってる存在になったし、

 

君の名はもTwitterでいい評判が拡散されまくって、

みんなSNSで投稿して楽しそうなので

見に行かないと居心地が悪いような気分になったりします笑

 

 

みんなが良いと言ってるから良いんだろう。

みんなが面白いと言ってるから面白いんだろう。

 

 

そういう心理的なバイアスも含めて

シェアされた人もまたシェアして

どんどんどんどん広がっていきます。

 

 

これだけでも十分世間には広がっていくのですが、

まだ爆発的に広がるには要素がもう1つあります。

 

それがパロディーが量産されていくことです。

 

要はオリジナルを踏まえて真似する人がどんどん増えて

影響力が尋常じゃないくらい上がってくってことです。

 

 

それでこの岡崎体育さんの作品もあらゆる人が

アレンジしまくってる状態です。

 

 

例えば冒頭でも話したきゃりーぱみゅぱみゅの

ミュージックビデオあるあるを編集した作品とかが

岡崎体育さんの作品をベースにしてYouTubeでアップされてたりします。

 

 

さっきも話しましたけど

泣かすー踊らすー音楽聴かすー窓にもたれさすー倒れさすー

 

っていうフレーズが岡崎体育さんの作品にあって。

 

 

これをきゃりーぱみゅぱみゅのミュージックビデオから引用して、

 

きゃりーぱみゅぱみゅが実際にミュージックビデオで

泣いたり踊ったり音楽聴いたり窓にもたれたり倒れたりしてるシーンを

それぞれいろんな曲から引っ張ってきて編集でつなげるんです。

 

 

これが本当にすごい。

実際作った人はきゃりーぱみゅぱみゅ愛に溢れてる人なんだなと絶対思います。

 

 

よほどのファンじゃないとこりゃ作れないでしょっていう作品が

きゃりーぱみゅぱみゅ以外にもたくさんアップされてます。

 

AKBとかももクロにperfumeに乃木坂のファンがこぞって

完成度の高い作品を量産しています。

 

 

そうするとあるあるで言ってたことが

実際のミュージックビデオに当てはめられると

面白さが当然倍増しますし、

またそれがどんどん評判を呼んでいきます。

 

 

岡崎体育さんを知らなかった人でも

例えばきゃりーぱみゅぱみゅのファンがパロディー動画を見て

本家の動画を見にきて岡崎体育さんのファンになるという流れが増えます。

 

 

あとは人気になるものとして

昔から世間で流行って一世を風靡したものってみんな真似しやすいんですよ。

特に芸人のギャグとかはそうです。

 

 

僕が小学生のころはテツandトモのなんでだろう〜〜とか

ダンディ坂野のゲッツが恐ろしく流行ってみんなやってました。

 

 

最近だとやっぱりもう恋ダンスは

YouTubeにたくさんアップされてるし

みんな忘年会とかでもやってたりしますよね。

 

 

ダンスはちょっと練習すればできるくらいのちょうど良い難易度だし、

あとは動画を撮るっていうハードルが下がったのも大きいですね。

 

 

今はiPhone1つあればいつでもどこでも動画なんか作れて

すぐにアップできます。

 

そして動画に残せばみんなで思い出も共有できて

いつでも当時の興奮だとか臨場感が鮮明に思い出せます。

 

 

そして動画でアップする人が増えれば、

これからダンスしようという人も真似する素材が増えて万々歳です。

 

 

特にプロばっかりがやってるのではなく、

ダンスど素人でもそれなりに可愛くコミカルに見えるので

とりあえずやってみようかなと思えるのは振付師の方がさすがだなと思います。

 

 

確か振付師さんはperfumeとかも担当してて、

今年のリオ五輪の閉会式のプロデュースもしてたかなり有名な人です。

 

 

ダンスなんかいきなり踊れと言われたらみんな恥ずかしいとかいうけど、

恋ダンスは人気があるしみんなやってるしっていう後ろ盾があると

人が変わったかのように自信満々に踊りだします。

 

 

みんな本当は踊りたいし目立ちたいし表現したいし盛り上がりたいんです。

 

 

と、まぁ最後らへんは少し話が逸れたんですけど

最近YouTube見てて流行ってるコンテンツが本質的には

どれも変わらないなぁと思ってたので色々具体例が出てきました。

 

 

僕は今回岡崎体育さんの動画見て

面白いなと思ったと同時に

これを見た人は次にどう考えるんだろう?

何をするんだろう?ということを考えました。

 

 

LINEで友達に教えるのか?

TwitterやFacebookでリツイートやシェアするのか?

他人にあーだこーだいう前に関連動画を漁ってもっと詳しくなるのか?

ググって岡崎体育の経歴を調べて人に話すときの雑学をストックするのか?

 

 

色々シミュレーションしていきましたけど、

どれも最終的には人に伝えるということに繋がるんですよね。

 

自分が感じたこと調べたこと知ってることを

結局は誰かに伝えるんです。

 

 

そしてその話のネタが大勢にとって刺激的で面白ければ

拡散して多くの人に認知されるなと思ったのでこんな記事を書きました。

 

以上です。

 

ありがとうございました。

 

 

 

追伸

 

この記事を書きながらずっと

YouTubeで岡崎体育さんをリピートしてたんですけど

ずっと脳内再生されまくって頭から離れないですw

 

無意識に口ずさみ始めてる自分が怖いですw

 

 

あ、ちなみにこれを機に初めて知ったんですけど

YouTubeで右クリックしてループってやつを押すと

ずっと動画がリピートされるので皆さん是非やって見てください

 

だいぶ曲に洗脳されるので注意してくださいw

ではではw


<オススメ記事>
逆算思考とネットビジネス〜アメリカは未来、日本は過去〜


【下記画像をクリックして、現役慶應生しょーへいがビジネスで生きていくと決めた理由をチェック!】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<