徳田虎雄氏の難病に立ち向かう自伝が凄まじすぎる

どうも、しょーへいです。

 

 

 

この前見たトラオという本に衝撃を受けたのでざっと感想を述べます。

 

 

先にこの本のあらすじを簡単に引用します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

徳田虎雄氏の「正体」に迫る決定版評伝

日本一の病院帝国を築いた徳洲会創設者・徳田虎雄氏がいま、己の「生」と向き合っている。ALSとは身体を動かす神経系が壊れ、全身の筋肉が縮んでいく難病だ。02年春に同病を患った徳田氏は、もはや全身の自由が利かない。
それでも眼球の動きで文字盤を追いながら、こう語るのだ。「これからがじんせいのしょうぶ」。
だがそんな徳田氏にも「運命の時」が近づいている。13年に徳洲会グループは、次男・毅氏の衆院選を巡る公選法違反容疑事件で東京地検特捜部の強制捜査を受ける。さらに徳田氏自身の病も進行し、眼の動きすらままならなくなる「完全なる閉じ込め状態」も、近く訪れるかもしれない。
窮地の徳田氏の「心奥」と徳洲会騒動の「核心」を気鋭のジャーナリスト・青木理氏が描く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

実は僕も病院では治せないと言われてる難病というものを背負ってるから、

なおさらこの徳田虎雄さんには共感しました。

 

もちろん体が動かなくなってくようなものではないですが、

治らない未知のものと闘う気持ちは少なからずわかります。

 

ちなみに僕の病気についてはこちらで話してます。

ネットビジネスで培ったスキルで多くの難病の人を救えると気づいた今日この頃

 

 

で、今回この本を読んで徳田虎雄さんの生きる執念に心を打たれました。

 

体が動かなくなりもう眼球しか動かす力がなくなってしまっても、

必死に目で文字盤を追って自分の意思を伝える姿を見て僕は号泣しました。

 

 

もともと徳田虎雄さんが医師を志し、

日本中いや世界中に病院を作ると決めたのは幼少期に起きた弟さんの死でした。

 

 

徳田さんは幼き頃から離島に住んでいたのですが、

当時は全く医療の設備が整ってなくて急病人に対応できる体制が整っていなかったのです。

 

 

そんな時に弟さんは急に倒れてしまい、

対応が遅れて命を落としてしまい、徳田さんはとにかく病院を作ってやると決意したのです。

 

 

そして結果的には日本一の病院帝国を築くリーダーになってるのは本当にすごいです。

 

 

この人は元はそこまで頭がいいというわけではないらしいですが、

とにかく勉強家でトイレ行く暇も飯食う暇も惜しんで死ぬ気で学んだそうです。

 

 

血尿が出ても問題ないとか書いてあったような気がします笑

 

 

そして彼は選挙違反など報道されて一般的には勘違いをされやすい人ですが、

それは彼が正しい目的のためならどんな手段も厭わないという信念に基づいてるからです。

 

 

要は病院が多くの人の助けになるためならなんでもするということです。

 

確かにこれは賛否両論あるかもしれませんが、

多くの人の命を救ってるのであれば決して非難されることではないのかなと個人的には思います。

 

 

実際徳田さんと出会った方々は、あんなバイタリティのある人はいないと、

石原慎太郎氏はじめ数々の著名人を釘付けにしてます。

 

 

あと僕は死ぬことを意識することで発揮する強さを学びました。

 

ちょっと途中ですがまた後で追記します。

 

詳しくはこちらの動画で話したのでご覧ください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、僕の大学3年で月収100万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<